[MS15-115] リモートでのコード実行に対処する Windows のセキュリティ更新プログラム (2015 年 11 月 10 日)

適用対象: Windows 10Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Windows の脆弱性を解決します。これらの脆弱性の最も深刻な状況では、攻撃者が特別に細工したドキュメントを開くようにユーザーを誘導した場合、または埋め込みフォントが含まれる信頼されていない Web ページにアクセスするようにユーザーを誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-115 を参照してください。

詳細


重要
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報



以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。
  • 3097877 [MS15-115] Windows 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 11 月 10 日)


    注意 2015 年 11 月 11 日にリリースされたこのセキュリティ更新プログラムは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の次の問題を解決します。
    • すべてのサポートされているバージョンの Microsoft Outlook でユーザーが特定の電子メールを読んだときに発生するクラッシュを解決します。
    • ユーザーがシステムにログインしたときに発生する問題を解決します。たとえば、ユーザーがコンピューターを再起動し、ログオン画面で Ctrl + Alt + Del キーを押した後に、画面が点滅して黒くなります。ユーザーは操作を続行できません。この問題に関連する他の類似したログオンの問題が発生することがあります。
    この問題のために Windows 7 ベースのコンピューターにログオンできない場合、セキュリティ更新プログラム 3097877 をアンインストールし、Windows Update からすべての最新の更新プログラムをインストールすることをお勧めします。KB 3097877 に更新プログラムのアンインストール方法が記載されています。


  • 3101746 [MS15-115] Windows 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 11 月 10 日)
  • 3105213 Windows 10 用の累積的な更新プログラム (2015 年 11 月 10 日)
  • 3105211 Windows 10 バージョン 1511 用の累積的な更新プログラム (2015 年 11 月 10 日)

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、 「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。