SQL Server 2012 および 2014 の DMV を使用するときにメモリ許可の診断を向上


この更新プログラムでは、 Dm_exec_query_statsの動的管理ビュー (DMV) に次の新しい列を追加します。これらの列は、キャッシュされたクエリ プランの許可は、並列のスレッド、メモリの統計情報を提供します。クエリ プランを調査するときに役立ちます。

これらの列は、メモリ用に最適化されたテーブルのクエリの値を 0 (ゼロ) があります。

タイプ説明
Last_grant_kbbigint 型の値この計画が実行された最後の時間を受信したこと (kb 単位) で予約済みのメモリを与える
Min_grant_kbbigint 型の値最低限この計画は、これまで 1 つの実行中に受信する (KB) のメモリの割り当ての予約
Max_grant_kbbigint 型の値この計画の 1 つの実行中に受信したこと (KB) で予約されているメモリの最大量を与える
Total_grant_kbbigint 型の値受信後にこのプランがコンパイルされている予約済みメモリの総容量を与える (kb 単位で)
Last_used_grant_kbbigint 型の値この計画が実行された最後の時間を受信したこと (kb 単位で) 使用中のメモリを与える
Min_used_grant_kbbigint 型の値最小値 (kb 単位で) この計画は、これまで 1 つの実行中に使用するメモリの割り当てを使用します。
Max_used_grant_kbbigint 型の値最大値 (kb 単位で) この計画は、これまで 1 つの実行中に使用するメモリの割り当てを使用します。
Total_used_grant_kbbigint 型の値使用後にこのプランがコンパイルされている予約済みメモリの総容量を与える (kb 単位で)
最後の _ideal_grant_kbbigint 型の値この計画が実行された最後の時間を受信する (KB) に最適なメモリの許可
Min_ideal_grant_kbbigint 型の値この計画は、これまで 1 つの実行中に使用する理想的な最小のメモリ許可 (kb 単位で)
Max_ideal_grant_kbBigint 型の値この計画は、これまで 1 つの実行中に使用する (KB) で最大の理想的なメモリの許可
Total_ideal_grant_kbBigint 型の値使用後にこのプランがコンパイルされた最適なメモリの合計を与える (kb 単位で)
Last_dopbigint 型の値この計画に実行された最後の時刻を使用する並列処理の程度
Min_dopbigint 型の値この計画は、これまで 1 つの実行中に使用する並列処理の最小の程度
Max_dopbigint 型の値この計画は、これまで 1 つの実行中に使用する並列処理の最大限度
Total_dopbigint 型の値合計使用後にこのプランがコンパイルされた並列処理の程度
Last_reserved_threadsbigint 型の値この計画を実行した最後の時間が使用されていたリザーブされている並列スレッドの数
Min_reserved_threadsbigint 型の値この計画はこれまで 1 つの実行中に使用される予約済みの並列スレッドの最小数
Max_reserved_threadsbigint 型の値この計画はこれまで 1 つの実行中に使用される予約済みの並列スレッドの最大数
Total_reserved_threadsbigint 型の値合計には、並列スレッドが使用後にこのプランがコンパイルされたことが予約されています
Last_used_threadsbigint 型の値この計画を実行した最後の時間を使用した使用される並列スレッドの数
Min_used_threadsbigint 型の値この計画は、これまで 1 つの実行中に使用される使用される並列スレッドの最小数
Max_used_threadsbigint 型の値この計画はこれまで 1 つの実行中に使用される予約済みの並列スレッドの最大数
Total_used_threadsbigint 型の値合計には、並列スレッドが使用後にこのプランがコンパイルされたことが予約されています

解決策

この機能は、SQL Server の次の Service Pack で導入されたフィストでした。
SQL Server 2012 Service Pack 3 (SP3) の詳細については、 SQL Server 2012 Service Pack 3 で修正されるバグを参照してください。

SQL Server のサービス パックについて

サービス パックは累積されます。各新しいサービス パックには、すべての新しい修正プログラムと共に、以前の service pack に含まれるすべての修正プログラムが含まれています。推奨では、最新の service pack と service pack の最新バージョンの累積的な更新を適用します。最新の service pack をインストールする前に、以前の service pack をインストールする必要はありません。最新の累積的な更新と service pack の詳細についてを検索するには、次の資料の表 1 を使用します。

バージョン、エディション、および更新プログラムのレベルの SQL Server とそのコンポーネントを確認する方法

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:3107398 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard

フィードバック