[マイドキュメント] フォルダーの構成


概要


[マイドキュメント] フォルダーは、個人データを保存するための統一された場所として使用されるユーザープロファイルのコンポーネントです。 既定では、[マイドキュメント] フォルダーは、保存されたドキュメントの既定の保存場所として使用されるユーザーのプロファイル内のフォルダーです。管理者の場合は、グループポリシーでフォルダーのリダイレクトを使用して、ネットワーク共有上のドキュメントの場所を変更できます。 ユーザーが [マイドキュメント] フォルダーにドキュメントを保存すると、ファイルは実際に割り当てられたネットワークの場所に保存され、管理者によってバックアップできます。

詳細情報


[マイドキュメント] フォルダーへのパスは、次のレジストリキーに保存されます。ここでは、保存 場所への完全なパス は、保存場所へのパスです。
\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell フォルダーの HKEY_CURRENT_USER値の名前: 指定した値の型: REG_SZValue データ: 保存場所の完全なパス
既定の変更は次の場所に記録され、上記のパスも更新されます。
HKEY_CURRENT_USER \Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell フォルダー値の名前: 指定した値の型: REG_SZValue データ: 保存場所の完全なパス
グループポリシーフォルダーのリダイレクトを使用して個人用ドキュメントをリダイレクトする場合、この値にパスが表示され、[マイドキュメント] フォルダーのプロパティを表示しても、[マイドキュメント] フォルダーの場所を変更するオプションは使用できません。

[マイドキュメント] フォルダーの保存場所を変更する方法

[マイドキュメント] フォルダーのプロパティ (デスクトップアイコン) が表示され、フォルダーをリダイレクトするためのグループポリシーが設定されていない場合、[マイドキュメント] フォルダーへのパスを変更することができます。また、次の場所から新しい場所にコンテンツを移動することもできます。
  1. [ マイドキュメント ] (デスクトップ) を右クリックし、[ プロパティ] をクリックします。
  2. [ リンク先 ] ボックスに、[マイドキュメント] フォルダーの新しいパスを入力するか、[ 移動 ] をクリックしてフォルダーを参照し、必要に応じて、新しい [マイドキュメント] フォルダーを作成します。 入力したパスが存在しない場合は、新しいフォルダーを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  3. 古い [マイドキュメント] の場所から新しい場所にファイルを移動するには、[ はい ] をクリックします。これらのファイルを移動しない場合は、[ いいえ ] をクリックします。 [ いいえ] をクリックした場合、以前の場所にあるファイルは削除されませんが、変更後は [マイドキュメント] からは表示されなくなります。

既定のマイドキュメントのパスを復元する

現在のマイドキュメントのパスが間違っているか、使用できなくなった場合は、[ 既定値に戻す ] オプションを使用して既定のパスを復元できます。: このオプションは、このフォルダーでグループポリシーフォルダーのリダイレクトが有効になっている場合には表示されません。
  1. [ マイドキュメント ] (デスクトップ) を右クリックし、[ プロパティ] をクリックします。
  2. [ 既定の設定に戻す] をクリックします。 次のレジストリ値を使って、ユーザーのプロファイルに基づいて既定の場所を特定し、"\My Documents" を追加して、完全なパスを形成します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList\ユーザー ID値の名前: ProfileImagePathValue Type: REG_EXPAND_SZwhere ユーザー id は適切なユーザー id です。