Windows XP および Windows Server 2003 のシステム ファイル チェッカー (Sfc.exe) について

適用対象: Microsoft Windows Server 2003 Enterprise x64 EditionMicrosoft Windows Server 2003 Datacenter Edition (32-bit x86)Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition (32-bit x86) 詳細

Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。
222471

概要


この資料では、Windows ファイル保護 (WFP) 機能と共に使用されるコマンド ライン ユーティリティであるシステム ファイル チェッカー (Sfc.exe) ツールについて説明します。

詳細情報


システム ファイル チェッカー ツールを使用することにより、管理者は、保護されているすべてのファイルをスキャンして、バージョンを確認することができます。 システム ファイル チェッカーは、保護されているファイルが上書きされていることを検出すると、キャッシュ フォルダー (%Systemroot%\System32\Dllcache) または Windows インストール ソース ファイルから適切なバージョンのファイルを取得し、不適切なファイルを取得したファイルに置き換えます。 システム ファイル チェッカーでは、キャッシュ フォルダーの確認と再配置も行われます。 システム ファイル チェッカーを実行するには、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。 キャッシュ フォルダが破損または使用できなくなった場合は、sfc /scannowsfc /scanonce、またはsfc /scanboot コマンドを使用して、その内容を修復します。

システム ファイル チェッカー ツールの構文

Sfc [/Scannow] [/Scanonce] [/Scanboot] [/Revert] [/Purgecache] [/Cachesize=x]
  • /Scannow: 保護されているすべてのシステム ファイルを直ちにスキャンして、誤っているバージョンをマイクロソフトの正しいバージョンに置き換えます。 このコマンドの実行時、Windows のインストール CD の挿入またはインストール ファイルの存在場所の指定が必要になる場合があります。
  • /Scanonce: 保護されているすべてのシステム ファイルを次回起動時に 1 回スキャンします。 コンピューターを再起動する際、Windows のインストール CD の挿入またはインストール ファイルの存在場所の指定が必要になる場合があります。 このコマンドの実行時に、次のレジストリキーの SfcScan DWORD 値が2 に設定されます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
  • /Scanboot: 保護されているすべてのシステム ファイルを、コンピューターを起動するたびにスキャンします。 コンピューターを起動するたびに Windows のインストール CD の挿入またはインストール ファイルの存在場所の指定が必要になる場合があります。 このコマンドの実行時に、以下のレジストリ キーにある SfcScan の DWORD 値が 1 に設定されます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
  • /Revert: スキャンを既定の設定に戻します (コンピューターの起動時に保護されているファイルをスキャンしません)。このコマンドを実行しても既定のキャッシュ サイズはリセットされません。 このコマンドは、Windows 2000 の /Enable スイッチと同じです。
  • /Purgecache: ファイル キャッシュを削除して、保護されているすべてのシステム ファイルを直ちにスキャンします。 このコマンドの実行時、Windows のインストール CD の挿入またはインストール ファイルの存在場所の指定が必要になる場合があります。
  • /Cachesize=x: ファイル キャッシュのサイズを x メガバイト (MB) に設定します。 キャッシュの既定のサイズは 50 MB です。 このコマンドを実行した場合は、コンピューターを再起動した後、/purgecache コマンドを実行してディスク上のキャッシュのサイズを調整する必要があります。 このコマンドは、次のレジストリ キーで SfcQuota DWORD 値 を x に設定します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
Windows ファイル保護機能の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
222193 Windows 2000 Windows ファイル保護機能の詳細について