Exchange Online および Exchange Server で組織フォーム ライブラリを作成する方法

適用対象: Exchange OnlineExchange Server 2016 Enterprise EditionExchange Server 2016 Standard Edition 詳細

はじめに


本資料には、Exchange Online および Exchange Server 2013 以降のバージョンで組織フォーム ライブラリを作成する方法が記載されています。本資料に記載された手順を実行後、ユーザーは Microsoft Outlook を使用して組織フォーム ライブラリを閲覧および利用することができます。

詳細情報


  1. 状況に応じて以下のいずれかを実行します。
    • リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します。詳細については、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。
    • Exchange Server Exchange 管理シェルを開きます。
  2. 以下のコマンドを実行し、‶PFHierarchy” という名前の新しいパブリック フォルダー メールボックスを作成します。
    New-Mailbox -PublicFolder -Name PFHierarchy 
  3. 以下のコマンドを実行し、NON_IPM_SUBTREE フォルダーに、‶Organizational Forms Library” という名前の新しいパブリック フォルダーを作成します。
    New-PublicFolder -Path "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY" -Name "Organizational Forms Library" 
  4. 以下のコマンドを実行し、作成したフォルダーにロケール ID を設定します。
    Set-PublicFolder "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational Forms Library" -EformsLocaleID EN-US 
    ロケール ID を特定して使用するには、「LanguageCode フィールド (英語) を参照してください。
  5. 以下のコマンドを実行し、通常ユーザーに対して読み取りのアクセス許可をそれぞれ設定します。
    Add-PublicFolderClientPermission -identity "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational Forms Library" -user User@domain.com -AccessRights ReadItems
  6. 以下のコマンドを実行し、組織フォームをパブリック フォルダーに保存する各管理者に対して書き込みのアクセス許可を設定します。
    Add-PublicFolderClientPermission -identity "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational Forms Library" -user Admin@domain.com -AccessRights CreateItems
  7. ライブラリのフォームを公開するまたは作成する必要がある場合は、以下のコマンドを実行し、組織フォーム ライブラリ フォルダーの所有者としてユーザーを追加します。

    Add-PublicFolderClientPermission "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational forms library" -User <User@domain.com> -AccessRights Owner


    : 所有者としてユーザーを追加しないと、組織フォーム ライブラリが Outlook に表示されない可能性があります。

  8. レプリケーションが行われるまで、数分間待機します。

参照資料


詳細については、以下の Microsoft 資料を参照してください。