[HOW TO] Windows XP でモニタ画面のリフレッシュ レートを変更する方法

概要

この資料では、Windows XP でモニタのリフレッシュ レートを調整する方法について説明します。


モニタ画面のリフレッシュ レートを変更する

  1. [スタート]、[コントロール パネル]、[デスクトップの表示とテーマ]、[画面] の順にクリックします。


    または、デスクトップを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  2. [設定] タブをクリックし、[詳細設定] をクリックします。
  3. [モニタ] タブをクリックし、使用したい画面のリフレッシュ レートをクリックします。
:
  • デフォルトのリフレッシュ レート設定は、60 ヘルツ (HZ) ですが、使用しているモニタがさらに高い設定をサポートしている可能性があります。製造元から提供されたマニュアルで、モニタがサポートする設定についての情報を確認してください。
  • リフレッシュ レートを高くすると画面のちらつきを抑えることができますが、モニタがサポートする値よりも高いリフレッシュ レートを設定すると画面が使用不可能になり、ハードウェアに損傷を与える可能性があります。
  • リフレッシュ レートの変更は、コンピュータにログオンするすべてのユーザーに影響します。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 311403 (最終更新日 2002-10-26) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:311403 - 最終更新日: 2003/01/19 - リビジョン: 1

フィードバック