2015 年 12 月 8 日の累積的な更新を Project Server 2010 (KB3114405)

Microsoft Project Server 2010 の累積的な更新プログラム パッケージには、Project Server 2010 のリリース以降に修正された問題に対する修正プログラムが含まれています。この更新プログラムには、必要条件があります。

注: これにより、累積的な更新プログラム パッケージの14.0.7164.5000が構築されています。

運用環境に展開する前に、これらの修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の Project Server 2010 に付属しているセキュリティ更新プログラム パッケージのリリースを更新します。

累積的な更新プログラム パッケージに関する注意事項
  • Microsoft Office 2010年の修正プログラム、多言語になりました。この累積的な更新プログラム パッケージには、すべての言語用の更新プログラムが含まれています。
  • この累積的な更新プログラム パッケージには、サーバーのすべてのコンポーネント パッケージが含まれています。さらに、この累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新します。

この累積的な更新プログラムで修正される機能強化と問題

この累積的な更新プログラム パッケージには、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 記事に記載されている問題が修正されます。

累積的な更新プログラム パッケージを取得する方法

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードやインストールでのみ使用します。
ウイルス スキャンの要求

累積的な更新パッケージの情報

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

この累積的な更新プログラム パッケージには、修正プログラム、または Project Server 2010 を対象とする更新プログラムとしてリリースされるすべての .msp ファイルが含まれています。

必要条件

この累積的な更新プログラムを適用するには、 Microsoft プロジェクト サーバー 2010 Service Pack 2がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

関連情報

マイクロソフト ソフトウェアの更新に使用される一般的な用語に関する情報を参照してください。Office System TechCenter には、すべての Office バージョン用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開リソースが掲載されています。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンのファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) は次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル情報をダウンロードします。
ファイル情報をダウンロードします。
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
x64
プロパティ

文書番号:3114405 - 最終更新日: 2017/02/15 - リビジョン: 1

Microsoft Project Server 2010 Service Pack 2

フィードバック