[MS16-004] Word 2016 セキュリティ更新プログラムについて (2016 年 1 月 12 日)

適用対象: Word 2016

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別な細工のある Microsoft Office ファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-004 を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Word 2016 がインストールされている必要があります。

影響を受ける Microsoft Office ソフトウェアのすべてのバージョンの一覧については、マイクロソフト サポート技術情報 3124585 をご覧ください。


機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、次のセキュリティ以外の問題も修正されます。
  • Word 2016 で日本語の IME (Input Method Editor) を使用しているときに、次の問題が発生することがあります。
    • 丸で囲まれた文字などの特定の特殊文字が正しく表示されません。
    • バックスペースと削除の操作が機能しません。
    • 候補一覧からのアイテムの選択が機能しません。
  • Word 2016 のドキュメントに特定のフォントで改行なしハイフンを入力すると、改行なしハイフンの代わりに四角が表示されます。

更新プログラムを入手してインストールする方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、マイクロソフト サポート技術情報 3124585 を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以前にリリースされた更新プログラム KB3114382 に置き換わるものです。