SQL Server 2014 構成項目システム センター構成マネージャーでのエラーの検出の「設定」が返されます

現象

システム センター構成マネージャーでの構成項目の評価は、次の条件に該当する場合、構成マネージャーのクライアント設定の検出エラーを発生します。

  • 2014 (すべてのサービス パック レベル) の Microsoft SQL Server は、クライアントにインストールされます。
  • 構成項目を選択し、[SQL クエリの設定の種類が含まれています「すべてのインスタンス」として定義されている SQL Server のインスタンスには

クライアント上で生成されるコンプライアンス レポートの表示は次のようです。

エラーの種類エラー コードエラーの説明エラーの発生元
設定の検出エラー0x80041002見つかりませんでした。WMI

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の記事の上部にある「修正プログラム ダウンロード使用可能な"セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、修正プログラムを取得するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに要求を送信します。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムに該当しない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが使用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、システム センター構成マネージャーがインストールされている 1511 のバージョンが必要です。

再起動に関する情報

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3118485 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft System Center Configuration Manager (current branch - version 1511) - released December 20

フィードバック