判断できない場合は、ワークグループでのグループ ポリシー セキュリティ設定には、Windows クライアントが参加しています。

現象

次のような状況を考えます。
  • ワークグループ環境で Windows 7 に、Windows 8 ベースおよび Windows 8.1 ベースのコンピューターがあります。
  • ローカル グループ ポリシー エディターを開くし、コンピューターの構成 \windows の設定 \ セキュリティの設定に移動します。
  • いくつかのセキュリティ設定を変更して、ユーザー権利の割り当てをクリックします。
この場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

このコンピューターに適用されるグループ ポリシー セキュリティ設定がわかりませんでした。
ローカル セキュリティ ポリシー データベース (%windir%\security\database\secedit.sdb) からこれらの設定を取得しようとしたときにエラーが返されます: 拡張エラーが発生しました。

Notes


  • すべてのローカル セキュリティ設定が表示されますが、特定のセキュリティ設定がグループ ポリシーで定義されているかどうかを示すを指定しません。
  • このユーザー インターフェイスをとおして変更されるローカル セキュリティの設定は、ドメイン レベルのポリシーで後でオーバーライド可能性があります。また、権利の割り当て] ウィンドウは表示されません。

原因

この問題は、リモート プロシージャに影響する問題は、セキュリティ設定を更新するときに (RPC) ランタイムを呼び出すために発生します。

回避策

この問題を回避するには、ローカル グループ ポリシー エディターの設定を更新した後にセキュリティ設定をチェックするの新しいインスタンスを開きます。
プロパティ

文書番号:3118649 - 最終更新日: 2017/02/15 - リビジョン: 1

Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate

フィードバック