会議の主催者以外のユーザーが共有されているメールボックスで会議を変更したとき、リソース メールボックスを更新しません。

現象

次のような状況を考えます。

  • 複数の Microsoft Exchange ユーザーは、以下の環境のいずれかで共有されているメールボックスにフル アクセスを持ちます。

    • Microsoft Exchange Server 2016
    • 累積的な更新 3 またはそれ以降がインストールされている更新プログラムには Microsoft Exchange Server 2013 環境
  • リソースを持つ会議を作成するメールボックスにログオン、ユーザーのいずれかとします。
このシナリオでは、他のユーザーが Microsoft Outlook でスケジュールされた時刻、出席者一覧などのミーティングの情報を変更できます。ただし、リソースには、情報を更新しません。

原因

保護機能が Exchange Server で会議のハイジャックを避けるため、累積的な更新 3 で追加されたために、この現象が発生します。そのため、リソース メールボックスは、他のユーザーからの要求を処理しません。会議の発生元であるユーザーだけでは、Outlook で会議の情報を変更でき、リソースの自動処理することができます。

回避策

会議の主催者は、この現象を回避するには、共有メールボックスに変更を加え。または、共有メールボックスへの接続に Outlook Web App またはすべてのユーザーを web 上で Outlook を使用します。
プロパティ

文書番号:3121838 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

フィードバック