Sqlps ユーティリティの SQL Server で「すべてのスクリプトを許可する」に「スクリプト実行有効にする」ポリシーが設定されている場合の実行に失敗します。

現象

Sqlps ユーティリティを実行するには障害が発生したすべてのスクリプトを許可するスクリプトの実行を有効にするグループ ポリシー設定を設定する場合と、次のエラー メッセージが表示されます。
SQL Server (R) PowerShell の Microsoft (R)
バージョン 11.0.5058.0
Microsoft 著作権 (c) 2012年。無断転載を禁止します。

セット executionpolicy: Windows PowerShell 実行ポリシーが正常に更新しますが、特定のスコープで定義されたポリシーによって設定がオーバーライドされます。 、オーバーライドのため、シェルは、現在有効な実行ポリシーの「制限しない」を保持します。型"Get ExecutionPolicy-リスト"実行ポリシー設定を表示します。詳細については、「Get-help セット-ExecutionPolicy」を参照してください

行: 1 文字: 20 で
+ セット executionpolicy <<<< RemoteSigned-スコープの強制の処理
+ CategoryInfo: PermissionDenied: (:)セット-ExecutionPolicy、SecurityException
+ FullyQualifiedErrorId: ExecutionPolicyOverride,Microsoft.PowerShell.Commands.SetExecutionPolicyCommand

また、 syspolicy_purge_historyジョブが失敗します。

注: グループ ポリシー管理コンソールで次の場所には、スクリプトの実行を有効にするグループ ポリシー設定を構成できます。
管理 Templates\Classic 管理用テンプレート \windows コンポーネント \windows PowerShell

解決策

更新プログラムの情報

SQL Server の次の累積的な更新プログラムでこの問題が修正します。

SQL Server 2012 Service Pack 3 の累積的な更新 4

SQL Server 2014 SP1 用の累積的な更新プログラム 9

SQL Server 2014 SP2 用の累積的な更新プログラム 3



SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3122088 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core

フィードバック