Internet Explorer の新しい 「End of Life」 アップグレード通知

適用対象: Windows Server 2008 R2 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 DatacenterWindows Server 2008 R2 Standard 詳細

この更新プログラムについて


この資料では、次の Internet Explorer の構成ごとに累積的なセキュリティ更新プログラムで、2016年 1 月 12日、配信された「最後の恒久的なアップグレード通知の新機能について説明します。
  • Windows 7 サービス パック 1 および Windows 7 サービス パック 1 x64 エディション
    • Internet Explorer 10
    • Internet Explorer 9
    • Internet Explorer 8
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 のサービス パック 1 x64 エディション
    • Internet Explorer 10
    • Internet Explorer 9
    • Internet Explorer 8
注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 11 の Internet Explorer への移行が完了しない環境では、レジストリ キーを構成することによって通知機能を無効にすることができます。 これを行うには、「関連情報」を参照してください。

更新プログラムの情報


この機能を適用するには、マイクロソフトの更新プログラムを Internet Explorer の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。 さらに、 Internet Explorer の最新の累積的なセキュリティに関する技術情報を更新するを参照してください。注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 この更新プログラムが最初に含まれていた、 MS16-001: Internet Explorer のセキュリティ更新プログラム: 2016 年 1 月 12 日

詳細情報


通知機能を無効にする方法

Internet Explorer の [通知] 機能を無効にするには、以下の手順を実行します。重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生することがあります。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用のレジストリのバックアップを作成してください。

X86 ベースのシステムの

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「regedit」と入力して、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl
  3. [FeatureControl] を右クリックして、[新規作成] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. FEATURE_DISABLE_IE11_SECURITY_EOL_NOTIFICATION と入力し、 Enter キーを押します。
  5. FEATURE_DISABLE_IE11_SECURITY_EOL_NOTIFICATIONを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  6. Iexplore.exeと入力し、Enter キーを押します。
  7. iexplore.exe を右クリックし、[変更] をクリックします。
  8. [値データ] ボックスに 1 と入力し、[ OK] をクリックします。
  9. レジストリ エディターを終了し、新しいキーを有効にするブラウザーを再起動します。
注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 Iexplore.exeレジストリ エントリの値が0の場合、またはレジストリ エントリが存在しない場合は、通知機能はデフォルトで有効になります。

X64 ベースのシステムの

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「regedit」と入力して、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl
  3. [FeatureControl] を右クリックして、[新規作成] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. FEATURE_DISABLE_IE11_SECURITY_EOL_NOTIFICATION と入力し、 Enter キーを押します。
  5. FEATURE_DISABLE_IE11_SECURITY_EOL_NOTIFICATIONを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  6. Iexplore.exeと入力し、Enter キーを押します。
  7. iexplore.exe を右クリックし、[変更] をクリックします。
  8. [値データ] ボックスで、 00000001を入力し、し、[ OK] をクリックします。
  9. 次のサブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl
  10. [FeatureControl] を右クリックして、[新規作成] をポイントし、[キー] をクリックします。
  11. FEATURE_DISABLE_IE11_SECURITY_EOL_NOTIFICATION と入力し、 Enter キーを押します。
  12. FEATURE_DISABLE_IE11_SECURITY_EOL_NOTIFICATIONを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  13. Iexplore.exeと入力し、Enter キーを押します。
  14. iexplore.exe を右クリックし、[変更] をクリックします。
  15. [値データ] ボックスで、 00000001を入力し、し、[ OK] をクリックします。
  16. レジストリ エディターを終了し、新しいキーを有効にするブラウザーを再起動します。
注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 Iexplore.exeレジストリ エントリの値が0の場合、またはレジストリ エントリが存在しない場合は、通知機能はデフォルトで有効になります。

関連情報


Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。Internet Explorer のサポート ライフ サイクルに関する詳細については、マイクロソフト サポート ライフ サイクルを参照してください。