2015年 11 月の累積的な Skype のビジネス サーバー 2015 年グループ コール ピックアップの 6.0.9319.102 を更新します。

現象

この累積的な更新プログラムには、新しいグループを呼び出す前にSEFAUtilツールに依存するピックアップのための管理タスクを完了するのには Windows PowerShell コマンドレットのセットが導入されています。2015年 11 月の累積的な更新の 6.0.9319.102を適用すると後でマイクロソフトの Skypeビジネス サーバー 2015 の管理シェルの新しいコマンドレットのセットを使用してグループ コール ピックアップを管理できます。これらのコマンドレットを使用して、次のタスクを実行できます。

  • エンタープライズ VoIP のユーザーに新しいグループ ピックアップの回り込みの番号を割り当てるには新規 CsGroupPickupUserOrbitコマンドレットを実行します。
  • エンタープライズ VoIP のユーザーに割り当てられているグループ ピックアップの軌道の数を取得するGet CsGroupPickupUserOrbitコマンドレットを実行します。
  • エンタープライズ VoIP ユーザーのグループが割り当てられているピックアップの軌道の数を変更するのにはセット CsGroupPickupUserOrbitコマンドレットを実行します。
  • エンタープライズ VoIP ユーザーの関連付けられたグループ ピックアップの回り込みを削除する削除 CsGroupPickupUserOrbitコマンドレットを実行します。

この更新プログラムを適用する方法

この累積的な更新プログラムをインストールするには、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報に記載されている手順に従ってください。

ビジネス サーバー 2015 の Skype の3061064の更新

注: 累積的なサーバー更新プログラムのインストーラーには、1 回の操作で適切なサーバー ロールのすべての更新プログラムが適用されます。

コマンドレットを Windows PowerShell のリモート管理を使用できるようにするには、更新プログラム CsAdminRoleからコマンドを実行 1 回、Skype ビジネス サーバー管理シェルの。

詳細

コマンドレットの例と使用法に関する詳細については、 Skype ビジネス サーバー コマンドレットのインデックスを参照してください。
プロパティ

文書番号:3124205 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Skype for Business Server 2015

フィードバック