累積 1 用の更新プログラム BizTalk Server アクセラレータ SWIFT メッセージ パック 2015

この累積的な更新プログラムには、SWIFT メッセージ パック 2015 Microsoft BizTalk アクセラレータの最終的な生産のリリース後に解決された問題に対する修正プログラムが含まれています。

それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。

詳細

この累積的な更新プログラムに含まれている修正

これらの修正プログラムを説明するマイクロソフト サポート技術情報は、修正プログラムが利用可能になったときに発行されます。問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。
 

この累積的な更新を取得する方法

BizTalk Server は、修正プログラムおよび更新を提供するための累積的な更新プログラム (CU) モデルを使用します。それぞれの累積的な更新プログラムには、前回の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての更新プログラムだけでなく、新しい更新プログラムが含まれています。テストと、すべての BizTalk 環境に最新の CU を適用することをお勧めします。

今後の累積的な更新では、すべての新しい修正プログラムが公開されたら。次の累積的な更新報告された問題は、非常に重要な場合、ビジネスに多大な影響を与え、回避策が存在しない前に、スタンドアロンの更新プログラムが提供されます。スタンドアロンの修正プログラムが提供される場合、最新リリースされた累積的な更新プログラムがインストールされている必要になります。

修正プログラム パッケージ

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。

リリース日: 2016 年 1 月 7 日

マイクロソフトのダウンロード方法の詳細についてはファイルのサポートは、オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法を参照してください。

ウイルス スキャンの要求

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SWIFT メッセージ パック 2015 がインストールされている BizTalk アクセラレータが必要です。

再起動の必要性

CU このパッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要はありません。
ファイル情報

関連情報

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、 BizTalk の修正プログラムと累積的な更新についてのサポートを参照してください。

マイクロソフト ソフトウェアの更新に使用される一般的な用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3124428 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Standard, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard, Microsoft BizTalk Server Branch 2010, Microsoft BizTalk Server Developer 2010, Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010, Microsoft BizTalk Server Standard 2010

フィードバック