[MS16-017] リモート デスクトップ ディスプレイ ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 2 月 9 日)

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。この脆弱性により、認証された攻撃者がリモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用して目標のシステムにログオンし、特別に細工されたデータを接続経由で送信した場合、特権が昇格される可能性があります。RDP は、サポートされている Windows オペレーティング システムでは既定で有効ではありません。RDP が有効となっていないコンピューターは危険にさらされません。

脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-017 を参照してください。

詳細


重要
  • 今後の Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows 8.1 ベースまたは Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムを入手してインストールする方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update から入手することができます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

詳細


このセキュリティ更新プログラムの既知の問題

  • RDP 8.0 を実行している Windows 7 ベースのコンピューターにこのセキュリティ更新プログラムをインストールした後にコンピューターの複数回の再起動が必要になることがあります。