Office 2013 アプリケーションがハングまたはクラッシュする更新プログラムをインストールした後ことがあります。

現象

Office 2013 (KB3101360) は 2015 年 11 月 10 日の更新プログラムまたは Office 2013 (KB3114333) の 2015 年 12 月 8 日更新プログラムをインストールした後は Office アプリケーションがハングまたはクラッシュします。Outlook 2013、2013 の Word、Excel 2013、OneNote 2013、PowerPoint 2013 では、その他など、1 つまたは複数の Office アプリケーションにも影響することができます。

解決策

この問題を解決するには、Office 2013 の 2016 年 1 月 12 日の更新をインストールします。この更新プログラムの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。

3114486 MS16-004: Office 2013 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2016 年 1 月 12 日

回避策

この問題を解決する「解決方法」セクションに記載されている更新プログラムをインストールできない場合、Microsoft Internet Explorer の設定を自動的に検出する] または [自動構成スクリプト使用をするオプション無効にして問題を回避するし、、代わりに静的なプロキシ サーバーアドレスポートを設定しますできます。

Use a proxy server for your LAN

プロパティ

文書番号:3129881 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft Excel 2013, Microsoft OneNote 2013, Microsoft Outlook 2013, Microsoft PowerPoint 2013, Microsoft Word 2013

フィードバック