SQL Server 2014 Service Pack 1 用の累積的な更新 5

適用対象: SQL Server 2014 Business IntelligenceSQL Server 2014 Business IntelligenceSQL Server 2014 Developer

累積的な更新プログラム パッケージ 5 を説明する (ビルド番号: 12.0.4439.1) の Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)。修正した SQL Server 2014 SP1 のリリース後にリリースされたこの更新プログラムが含まれます。

累積的な更新

累積的な更新は、Microsoft ダウンロード センターでできます。

SQL Server 2014 SP1 用にリリースされた最新累積的な更新だけは、ダウンロード センターで使用できます。

  • 各新しい累積的な更新プログラム (CU) には、インストールされているバージョンまたはサービス パックの SQL Server の以前の CU に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。
  • マイクロソフトは、利用可能になる、CUs の継続的な事前対応型のインストールをお勧めします。

    • CUs の SQL Server のサービス パックと同じレベル、認定されているし、信頼の同じレベルでインストールする必要があります。
    • リリースされた CU には、既に解決されている問題が非常に多くのサポート ・ リクエストに関連する履歴データを示します。
    • CUs に付加価値をさらに、修正プログラムが含まれている可能性があります。これには、サポート性、管理性、および信頼性の更新プログラムが含まれます。

  • SQL Server のサービス パックの場合と同様、運用環境に展開する前に、CUs をテストすることをお勧めします。
  • 2014 の SQL Server の最新のサービス パックには、SQL Server のインストールをアップグレードすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法


以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

メモSQL Server 2014 Service Pack 1 以降の累積的な更新プログラムがリリースされた後この CU をあるし、 Microsoft Windows Update カタログからダウンロードできます。ただし、マイクロソフトは、最新累積的な更新プログラムをインストールすることを推奨します。

ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

Microsoft SQL Server 2014 統合サービス Attunity Oracle CDC デザイナー/サービス機能パックは、SQL Server の統合サービス (SSIS) の付加価値を提供するスタンドアロン パッケージです。

Download Microsoft SQL Server 2014 統合サービス Attunity Oracle CDC デザイナー/サービス Feature Pack パッケージを今すぐダウンロードします。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム


VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
68624093101120修正: SQL Server 2012 または SQL Server 2014 でデータベースの暗号化キーの暗号化に使用する証明書をバックアップすると、SQL Server が応答を停止するSQL サービス
66123733116718FIX] 2014 年の SQL Server の ODBC の Driver11 を使用するとアクセス違反が発生します。SQL 接続
62273153133055更新を有効にするのには、"-k"ファイルを処理する速度は、tempdb に溢れることができますコントロールを起動時のパラメーターは SQL Server 2012 Service Pack 3 の利用可能なSQL サービス
66123773115774修正: 2014 年の SQL Server のサービス パックまたは累積的な更新プログラムをインストールするのには長い時間がかかりますSQL サービス
655332031357482014 年の SQL Server のレプリケーション機能を使用するとエラーを修正します。SQL サービス
64120103135751AlwaysOn 可用性グループ機能を使用して、SQL Server の 2014 年の修正: Columnstore インデックスの破損が発生します。SQL サービス
62009043052404修正: 2014 の SQL Server を実行しているサーバーまたは SQL Server 2012 に接続するのにはトランスポート層セキュリティ プロトコルのバージョン 1.2 を使用することはできません。SQL サービス
58739833107431修正: 複数選択クエリの任意の図形はスコープ指定された計算を無視し、SSAS で予期しない結果を返します。分析サービス
66123793120675FIX] 2014 年の SQL Server のクエリを実行するとアサーション エラーが発生します。SQL パフォーマンス
65384423137730FIX 2014 年の SQL Server のデータベース エンジン チューニング アドバイザーを使用すると、エラーが発生します。管理ツール
64345783137779FIX アサーションの失敗が発生するセカンダリ レプリカの SQL Server の 2014 年の AlwaysOn 可用性グループを使用する場合SQL サービス
62797743103016修正: SSRS が応答を停止する SQL Server 2012 で PDF ドキュメントにレポートをエクスポートしようとするとレポート サービス
66123753121647修正:「非明け渡さスケジューラ」条件を SQL Server の 2014 年の columnstore インデックスを持つパーティション分割されたテーブルをクエリすると、SQL パフォーマンス
66123813120287FIX] 2014 年の SQL Server の多対多マージ結合を含む並列クエリを実行すると誤った結果が発生します。SQL パフォーマンス
63890713119148修正: エラー 3203 と 2014 を SQL Server のバックアップ ジョブを再起動できないネットワーク障害が発生したときSQL サービス
66141843132336FIX MDS のメンバーを公開すると、「ユーザーがアクセス許可を持っていないまたはオブジェクト ID が正しくありません」のエラーが発生します。分析サービス
63451143138320修正: FILESTREAM データはアクセス可能なストレージ ・ ボリュームをオンラインにしたときSQL サービス
67072093138321FIX」以外明け渡さスケジューラ」の条件と発生する SQL Server の 2014 年の UNION 演算子を含むクエリを実行します。SQL パフォーマンス
67918743123068修正: ログ配布の復元ジョブに 2014 年の SQL Server のセカンダリ サーバー上で時間がかかるSQL サービス
67600373138319修正: SQL Server の 2014 年の tempdb に 65,535 個を超えるエクステントがはみ出て表示するクエリを実行すると、数値のオーバーフローが発生します。SQL サービス

この更新プログラムのメモ


ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

累積的な更新パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2014 SP1 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。