4.6.1 の.NET Framework のインストールを一時的にブロックする方法

適用対象: .NET Framework 4.6.1

この資料では、.NET Framework 4.6.1 および Windows 7 Service Pack 1 (SP1) および Windows Server 2012 R2 のプラットフォーム上に、対応する言語パックのインストールを一時的にブロックする方法について説明します。

.NET Framework 4.6.1 について


4.6.1 の.NET Framework は、4、4.5、4.5.1、4.5.2 および.NET Framework の 4.6 のバージョンへのインプレース アップグレードです。

一部のお客様が管理された環境で.NET Framework 4.6.1 の自動インストールをブロックするというビジネス要件があります。この資料では、このブロッキング操作を実行する方法について説明します。

「解決方法」セクション手順を完了する.NET Framework の 4.6.1 とその対応する言語パック不要になった提供されます Windows Update を使用。

解決策


.NET Framework 4.6.1 は、Windows Update や Windows 7 SP1 および Windows Server 2012 R2 プラットフォームの Windows Server Update Services (WSUS) から引き続き利用可能です。4.6.1 の.NET Framework は、これらのプラットフォームで推奨される更新プログラムとして分類されます。

重要 4.6.1 の.NET Framework のインストールをブロックしないことを強くお勧めします。ただし、一時的にインストールを禁止するのには、ビジネス上の理由がある場合があります。たとえば、環境内での基幹業務アプリケーションをテストするのにはより多くの時間を必要があります。このような場合は、一時的にこのインストールをブロックするようにレジストリを変更できます。

4.6.1 の.NET Framework のインストールを一時的にブロックする方法

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。前に変更する、復元用のレジストリをバックアップする問題が発生する場合に。

セキュリティ、安定性、信頼性、およびサービス上の理由から、一定の時間ブロックを維持しないことをお勧めします。
  1. レジストリのバックアップを作成します。
  2. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、[スタート] ボタンを選択し、[検索の開始] ボックスで、 regeditと入力し、Enter キーを押します。
  3. 見つけて、次のサブキーをクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\NET Framework Setup\NDP
  4. このサブキーを選択し、[編集] メニューの [新規] をポイントし、キー] をクリックします。
  5. WUを入力し、Enter キーを押します。
  6. WUを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  7. BlockNetFramework461を入力し、Enter キーを押します。
  8. BlockNetFramework461を右クリックし、[変更] をクリックします。
  9. [値データ] ボックスで、 1と入力し、[ OK] をクリックします。
  10. [ファイル] メニューで、[終了] をクリックし、レジストリ エディターを終了します。
組織は、マイクロソフトの WSUS またはシステム センター構成マネージャーなど、更新管理ソリューションを管理されている環境でレジストリを変更する必要はありません。組織では、Windows Update でリリースされた更新プログラムまたはマイクロソフトの更新プログラムの展開を完全に管理するためにこれらの製品を使用できます。この資料に記載されている手順が直接に接続し、Windows Update から更新を受信するコンピューターに対してのみです。