Solaris 上で BlueStripe のコレクターの状態を確認する方法

BlueStripe コレクター サービスが予期せず終了した場合、それが自動的に試行自体を再起動します。短期間の間に多すぎるが再起動する場合は、オペレーティング システムが再起動しないようにするサービス。

Solaris 上で、コレクターの状態をチェックし、必要に応じて再起動するには、次のコマンドを使用します。

Solaris 10

コレクターの状態を確認します。
svcs l-bluestripe-collectorsvc

fmri svc: システム/bluestripe ・ コレクター: 既定
BlueStripe コレクターの名前を付ける
true は有効になっています。
オンラインの状態
next_state なし
state_time 2014 年 8 月 1 日 12時 26分: 17 PM EDT
ログ ファイル/var/svc/log/system-bluestripe-collector:default.log
リスタータ svc:/システム/svc/リスタータ: 既定
contract_id 162143
依存関係の require_all/なし file://localhost/etc/bluestripe-collector/BlueStripeCollector.properties (オンライン)
依存関係の require_all/なし svc:/システム、構造体、ローカル ファイル システム (オンライン)
依存関係の require_all/なし svc: ネットワーク/サービスの (オンライン)
依存関係の require_all/なし svc:/マイルス トーンとネーム ・ サービス (オンライン)

状態がオンラインである場合
コレクターは、起動および実行します。

状態が無効になっている場合
コレクターを有効にします。
svcadm を有効にする bluestripe ・ コレクター


状態がメンテナンスの場合
1. クリアのメンテナンス モード
svcadm bluestripe コレクターのクリア

2. コレクターを起動します。
svcadm 開始 bluestripe ・ コレクター

開始およびコレクターを停止します。

停止
svcadm 無効にする bluestripe ・ コレクター

開始
svcadm 開始 bluestripe ・ コレクター

Solaris 8 および 9

コレクターの状態を確認します。

/etc/init.d/bluestripe-collector ステータス

再起動

/etc/init.d/bluestripe-collector 再起動

または

/etc/init.d/bluestripe-collector の停止

/etc/init.d/bluestripe-collector 開始
プロパティ

文書番号:3134880 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

BlueStripe

フィードバック