修正: Windows Embedded Compact 2013 デバイスに接続できません、SMB 共有 TCP RST コマンドを発行した後

概要

この資料では、Windows 埋め込まれたコンパクトな 2013 デバイスことはできませんに接続するサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有 TCP RST コマンドを発行した後、問題について説明します。この問題を解決するための更新プログラムが利用可能です。この更新プログラムをインストールする前にこの製品の以前に発行されたすべての更新プログラムをインストールする必要があります。

現象

次のような状況を考えます。
  • Windows 埋め込まれたコンパクトな 2013 は、SMB 共有に接続されているデバイスを使用するとします。
  • コマンドを発行は、TCP の RST SMB を共有し、共有するデバイスが接続されています。
  • 共有との通信を停止します。

このシナリオでは、SMB 共有に再接続しようとすると、試行は成功ではありません。

ソフトウェアの更新情報

ダウンロード情報

Windows 埋め込まれたコンパクトな 2013 月更新 (2016年 6 月) は、マイクロソフトから利用可能なようになりました。この Windows 埋め込まれたコンパクトな 2013 の月例更新プログラムをダウンロードするには、 Microsoft OEM オンラインまたはMyOEMに移動します。

必要条件

この製品の以前に発行されたすべての更新プログラムがインストールされても場合にのみ、この更新プログラムはサポートされています。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、プラットフォーム全体のクリーン ビルドを行う必要があります。これを行うには、次の方法のいずれかの手順に従います。
  • [ビルド] メニューで、[ソリューションのクリーン] をクリックし、[ソリューションのビルド] をクリックします。
  • [ビルド] メニューで、ソリューションのリビルド]をクリックします。
このソフトウェア更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えません。

ファイル情報

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3138120 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Windows Embedded Compact 2013

フィードバック