ブルー スクリーンに"Stop エラー コード 0x0000001e"メッセージを rceive 後マイクロソフトに連絡する前に準備を説明します。

Microsoft Windows 2000 版のこの資料には、 129845を参照してください。

概要

この資料では、マイクロソフト製品サポートに問い合わせる前に STOP メッセージの原因を特定するに役立ついくつかの手順を説明します。

Windows で STOP エラー (致命的なシステム エラー) が発生したとき、Windows は、トラブルシューティングの目的でデバッグ モードを入力します。青い画面が表示され、通常、次のエラー メッセージに次のような情報が表示されます。

STOP 0x0000001e (c000009a 80123f36 02000000 00000246)
8123f26 からの未処理のカーネル例外 c000009a
アドレス 80123f36 80100000 の Ntoskrnl.exe のベースには

詳細

エラー報告

Windows XP には、エラーを報告できるようにすると、エラーが発生したときに情報をマイクロソフトにアップロードするという機能が用意されています。この情報は、Windows XP で発生している場合、どのような問題を特定するに使用されます。エラー報告機能を使用して発生したエラーの原因を特定の詳細を明らかにことができます。


Windows XP でのエラー報告に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには以下の記事番号をクリックします。

310414方法: を構成し、Windows XP でのエラー報告を使用

サポート技術情報

マイクロソフト サポート技術情報には、特定の STOP メッセージの原因を説明する多くの記事が含まれています。記事は、多くの場合、問題を回避する方法や問題の解決方法を提案します。

マイクロソフト Web サイトで、特定の STOP メッセージに関する情報のナレッジ ベースを検索できます。検索を設定するときを検索する用語として、少なくとも、最初の 16 進数を使用します。最初の 16 進数は"0x0000001e"STOP メッセージの概要」の図で、検索条件として、特定のファイル名 (図では"Ntoskrnl.exe") やその他の 16 進数を使用することもできます。

メモリ「ダンプ」

STOP メッセージの情報を「ダンプ」ファイルに保存するのには Windows を構成することができます。マイクロソフト製品サポートにお問い合わせをする場合は、ダンプ ファイルがある、サポート担当者に問題を特定するために必要な特定の情報を提供します。


既定では、STOP メッセージの情報をファイルに保存する、Windows XP で有効になります。メモリ ダンプの 3 種類があります。

  • %SystemRoot%\Minidump フォルダーに書き込まれる最小メモリ ダンプ (64 キロバイト単位)。ブート ボリューム上のページング ファイルは、少なくとも 2 メガバイト (MB) のサイズである必要があります。
  • %SystemRoot%\Memory.dmp フォルダーに書き込まれますカーネル メモリ ダンプです。ブート ボリューム上のページング ファイルは、少なくとも 50 mb から 800 MB RAM の量によって、サイズにする必要があります。
  • %SystemRoot%\Memory.dmp フォルダーに書き込まれますが、完全メモリ ダンプです。ブート ボリューム上のページファイルは、物理 ram 全体のサイズより 1 MB をすべて保持できる大きさである必要があります。
既定のメモリ ダンプの種類は、最小メモリ ダンプです。メモリ ダンプの種類の設定を変更または、次の手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [システム] をダブルクリックし、[詳細設定] タブをクリックし、します。
  3. 設定で、 [起動と回復] をクリックします。
  4. 表示またはデバッグ情報の書き込み] の下のメモリ ダンプの種類を変更します。

Memory.dmp またはミニダンプ ファイル

STOP メッセージが表示されます、Memory.dmp ファイルまたはミニダンプ ファイルが作成された場合は、サポート担当者はダンプ ファイルをデバッグすることがあります。マイクロソフト製品サポートに連絡して、サポート担当者に STOP メッセージの詳細し、ダンプ ファイルがあることを説明します。


サポート担当者が電話で問題を解決できない場合に、ダンプ ファイルをマイクロソフトに送信を求められる場合があります。ダンプ ファイルを送信するメッセージが表示されたら、PKZIP などのプログラムを使用して、ファイルを圧縮します。ダンプ ファイルを通常大幅に圧縮できます。マイクロソフトにファイルをアップロードするのにには、次の方法のいずれかを使用します。

  • 専用にファイル転送プロトコル (FTP) で、圧縮ダンプ ファイルを送信します。このメソッドでは、インターネットへの FTP アクセスが必要です。サポート担当者では、FTP サーバー上にファイルを配置する方法を説明します。サーバーの TCP/IP アドレスは、次のとおりです。
    207.46.133.140
  • NTBackup ユーティリティを使用して、ダンプ ファイルをテープにバックアップし、サポート担当者にテープを送付します。
  • 書き込み可能なコンパクト_ディスクのファイルをコピーし、コンパクト ディスクをサポート担当者にメールします。
  • \Debug\i386 フォルダーに Windows XP のコンパクト ディスク上にある Dumpflop ユーティリティを使用します。
  • これらのオプションが現実的でない場合は、マイクロソフトのサポート担当者がユーザーのコンピューターにし、確認またはダンプ ファイルをコピーするリモート アクセス サービス (RAS) を使用することがあります。サポート担当者が RAS を使用してそれに接続できるようにコンピューターを準備するのには次の手順に従います。
    1. サポート担当者用の一時ユーザー アカウントを作成します。
    2. 別のサーバーに共有を作成し、し、この新しいユーザーにこの共有へのアカウントのアクセス許可を与えます。
    3. この新しい共有を新しく作成されたダンプ ファイルをコピーします。
    4. RAS をサイトにインストールされている必要はない場合、は、Windows XP ベースのコンピューターに RAS をインストールします。セキュリティを 1 台のコンピューターに RAS をインストールし、リモート クライアントにネットワークではなく、そのコンピューターにのみ接続を許可できます。このメソッドを使用する場合指定したコンピューターに新しいネットワーク共有を作成し、ダンプ ファイルを共有にコピーします。
    5. サポートのプロフェッショナル ・ ユーザーの RAS サーバーにダイヤルインする ID アクセス許可を与えます。
    6. ユーザー名、パスワード、ドメイン名、サーバー名と共有名、および電話番号、モデムのサポート担当者を提供します。
プロパティ

文書番号:314103 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

フィードバック