DFSR サービスがクラッシュしたり、Windows Server 2012 R2 のデータ ・ レプリケーションの実行中にランダムにフリーズします。

現象

問題 1

DFSR サービスがクラッシュすると、分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) のレプリケーションが停止していると、イベント ログにイベント ID 1000 が記録されます。ログ エントリは次のようになります。

問題 2

Windows Server 2012 R2 の 3156418 月 2016年の更新プログラムのロールアップがインストールされている DFSRS.exe のプロセスが CPU の処理能力の割合が高い消費可能性があります (最大 100%)。DFSR サービスは、サービスを停止できないポイントに応答しなくなる可能性があります。この問題が発生した場合、コンピューターを再起動するのには影響を受けるコンピューターをブート ハードする必要があります。

解決策

状況

マイクロソフトでは、これらは、[対象] セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題を認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用している用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3143779 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation

フィードバック