RDS の Windows Server 2012 R2 ベースのサーバーでの DFS 名前空間からネットワーク ドライブが正しくマップされていません。

リモート デスクトップ サービス (RDS) の役割がインストールされている Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターで発生する問題について説明します。この資料の更新プログラムを使用してこの問題を解決できます。この更新プログラムをインストールする前に、前提条件」を参照してください。

現象

DFS 共有にマップされたネットワーク ドライブは、今後使用するユーザーの動作しません。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • ユーザー アカウント制御 (UAC) が有効になります。
  • EnableLinkedConnectionsレジストリ値が1に設定します。

たとえば、ユーザー A は、RDS サーバーに接続し、その RD セッションを開始します。、ログオン時に、すべてのドライブが正常に割り当てられているし、A を表示する Windows エクスプ ローラーでネットワーク ドライブが接続されています。ユーザー B は、RDS サーバーに接続し、ログオンしたときに、A 次のようにユーザーがすでにマップされたドライブは、Windows エクスプ ローラーで切断されます。ユーザー A によって接続されている、切断されているネットワーク ・ ドライブも表示ユーザー A の後にログオンするすべての後続ユーザーを接続解除されたと

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、次の方法のいずれかを使用して取得できます。Windows Update 経由で更新プログラムが、Microsoft Update カタログをリリースしました。場合でも、この問題は Windows Server 2012 R2 でのみ発生、更新プログラムが Windows 8.1 および Windows RT 8.1 にも適用されます。

重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されます。Windows Update を実行する方法の詳細については、 Windows Update から更新プログラムを入手する方法を参照してください。

方法 2: マイクロソフトの更新プログラム カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログの web サイトに移動します。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 2014 年 4 月の更新プログラムのロールアップ Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2919355) のWindows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のインストールが必要です。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられません。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。
Windows 8.1、8.1 の RT の Windows および Windows Server 2012 R2
追加ファイル情報
プロパティ

文書番号:3146627 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1

フィードバック