移動ユーザー プロファイルを利用すると Microsoft Edge が動作を停止することがある

現象

移動ユーザー プロファイルを利用した環境で Microsoft Edge を利用した場合、以下のイベントを出力し、Microsoft Edge が異常終了することがあります。

-----
障害が発生しているアプリケーション名: MicrosoftEdge.exe、バージョン: 11.0.10586.0、タイムスタンプ: 0x5632d6c3
障害が発生しているモジュール名: eModel.dll、バージョン: 11.0.10586.0、タイム スタンプ: 0x5632d3d8
例外コード: 0xc0000409
障害オフセット: 0x000000000012c0bf
障害が発生しているプロセス ID: 0x19cc
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d18a4daf97fcea
障害が発生しているアプリケーションパス: C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\MicrosoftEdge.exe
障害が発生しているモジュールパス: C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\eModel.dll
レポート ID: a81843fd-3994-4953-adab-6827c93d0c3c
障害が発生しているパッケージの完全な名前: Microsoft.MicrosoftEdge_25.10586.0.0_neutral__8wekyb3d8bbwe
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID: MicrosoftEdge
-----

原因

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。

回避策

ローカル ユーザー プロファイルを利用することで、本事象は発生いたしません。

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細についてはわかり次第この資料に掲載する予定です。
プロパティ

文書番号:3160039 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック