Windows Server 2012 R2 の MPIO 構成レポートを取得するために mpclaim.exe コマンドを実行するときに「アクセスが拒否されました」エラー

現象

暗号化ファイル システム (EFS) 機能が無効にした場合、グループ ポリシーによって、 mpclaimコマンドを-vオプションを使用して MPIO 構成を取得する「アクセスが拒否されました」エラーが発生し、構成を表示しないようです。

MPIO では、マイクロソフトのマルチパス I/O を表します。

原因

Mpclaim は常に暗号化されたファイルに、構成を記述しようとするため、この問題が発生します。

解決策

この問題を解決するには、 2016年 6 月 Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 のプログラムのロールアップを更新するをインストールします。

注: この更新プログラムをインストールした後、mpclaim v config.txt は暗号化されたファイルに書き込もうとする続行され、EFS を無効にした場合は正しく動作しません。 -Nフラグ、 mpclaim v config.txt-n、暗号化されていないファイルへの書き込みと、EFS の機能が無効かどうかどうかが成功を使用してください。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用している用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3161579 - 最終更新日: 2017/02/15 - リビジョン: 1

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation

フィードバック