[MS16-076] Netlogon のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 6 月 14 日)

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。この脆弱性により、標的のネットワーク上のプライマリ ドメイン コントローラー (PDC) にアクセスできる攻撃者が特別に細工されたアプリケーションを実行し、レプリカ ドメイン コントローラーとして PDC へのセキュリティで保護されたチャネルを確立した場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。


脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-076 を参照してください。

詳細

重要
  • 今後の Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムに関する FAQ

このセキュリティ情報のセキュリティ更新プログラム 3161561 が、MS16-075 にも記載されているのはなぜですか?
特定の製品に影響する脆弱性に対する修正が統合されている方法により、サポートされているリリースの Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2012 に関する MS16-075 にも、セキュリティ更新プログラム 3161561 が記載されています。セキュリティ情報は、リリースされる更新プログラム パッケージではなく、対処される脆弱性により分割されているため、それぞれ明確に異なる脆弱性に対処する個別のセキュリティ情報で、関連する修正を提供する手段として同じ更新プログラム パッケージが記載されている可能性があります。単一のセキュリティ更新プログラムが複数の独立したセキュリティ情報の異なるセキュリティ上の脆弱性に対処する、Internet Explorer や Silverlight などの製品用の累積的な更新プログラムでは、このようなケースが多くなります。



注: 複数のセキュリティ情報に含まれる同一のセキュリティ更新プログラムを複数回インストールする必要はありません。

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、 「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。
方法 2: Microsoft ダウンロード センター

詳細

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ファイルに関する情報

ファイル ハッシュ情報
ファイルに関する情報
プロパティ

文書番号:3162343 - 最終更新日: 2016/06/17 - リビジョン: 1

フィードバック