FIX は、昇格された特権モードの CPU 使用率とページ ラッチ待機の高いボリュームがある場合に SQL Server のパフォーマンスを低下

現象

SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)、SQL Server 2012 の SP3 または SQL Server の 2016 をインストールした後が発生するクエリ パフォーマンスが低下し、昇格した特権 (カーネル) モードの CPU 使用率、サーバーが再起動されるまでです。PAGELATCH_ * 待機の高いボリュームを表示することがありますもします。

解決策

問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されました。
SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。


原因

SQL Server ロジックを使用して動的なラッチの昇格と降格 (スーパー/サブ-latch)。これは、SQL Server のパフォーマンスが向上しの数を追跡することによってスケーラビリティが必要があります時間ラッチ競合が存在しない場合は、同じラッチを取得して、ラッチでを取得します。対象のラッチが昇格し、(スーパー ラッチ) は、このモデルに基づいています。Btree の深さ (HoBT) またはヒープ上に多数の変更 (挿入、更新、削除) が存在する場合、HoBT に関連付けられているラッチ super ラッチの状態に昇格します。ただし、降格は自動的に発生しません。詳細を読み取ることができますスーパー/サブ-latchingこの資料では。

場合はこれらの HoBTs が割り当て解除された後で、解放された HoBT は再利用のためのグローバル キャッシュに移動します。その HOBT が再利用されると、して、HoBT の競合がない場合にも、昇格した以前のラッチが再利用されます。これは、CPU のオーバーヘッドを追加します。この現象は、サーバーが再起動されるまでの特権 (カーネル) モードの SQL Server の CPU 使用率を増加します。この増加は、通常、それぞれを実行するにはいくつかのマイクロ秒を追加します。これらの HoBTs のスーパーのラッチを拡張するため大量の PAGELATCH_ * 待機を表示ことがあります。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号:3162589 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2016 Developer, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2016 Express, Microsoft SQL Server 2016 Standard

フィードバック