2016 MSVCRT の SQL Server の必須コンポーネントの重要な更新プログラム

適用対象: SQL Server 2016 DeveloperSQL Server 2016 EnterpriseSQL Server 2016 Standard

概要


マイクロソフトでは、SQL Server 2016 の前提条件として設定されている Microsoft VC + + 2013 ランタイム バイナリに影響を与える問題を確認しました。この問題を解決する更新プログラムがあります。この更新プログラムを vc++ ランタイム バイナリがインストールされていない、2016 の SQL Server で特定の状況での安定性の問題が発生することがあります。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法


以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

詳細


または、表示されている、SQL Server の 2016 がインストールされているサーバーにインストールされている Microsoft VC ランタイム Dll のバージョンとビルド番号を確認することをお勧めします。%SystemRoot%\system32\msvcr120.dll のバージョンとビルド番号が12.0.40649.5でない場合は、 KB3138367をインストールする必要があります以降。ファイルのバージョンを確認するに Windows エクスプ ローラーを開き、%SystemRoot%\system32\msvcr120.dll ファイルを右クリックし、プロパティ] をクリックし、 [詳細] タブをクリックします。

この更新プログラム、更新プログラムを手動でインストールする方法など、VC のランタイム Dll の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2013 の Visual C++ および Visual C++ の再頒布可能パッケージの更新プログラムを3138367

または、最新の VCRT ライブラリを含む SQL Server の更新プログラムが使用可能になります:重要な更新プログラムの SQL Server 2016 MSVCRT の前提条件 (KB3164398)KB3164398が利用可能な以下の方法のいずれか。
  • SQL Server 2016 のセットアップには、インストール プロセス中に重要なオンライン更新をチェックする機構がマイクロソフトのサーバーへのインターネット アクセスを使用するいると仮定した場合します。このプロセスの中にはKB3138367がインストールされていない場合、インストール プロセスの一環としてKB3164398を受け入れるようにオプションがあります。提供された更新プログラムに同意されない場合、インストールの問題の他のメカニズムを介して Microsoft VC ランタイム バイナリが更新されるまでに公開されるように続けます。
  • システムに Microsoft のサーバーへのインターネット アクセスがある場合は、SQL Server の 2016 マイクロソフトの更新のインストール後は 2016 の SQL Server にセキュリティ以外の重要な更新としてKB3164398をインストールします。VCRT ライブラリがない場合またはそれ以降のバージョン12.0.40649.5に更新されます。
  • 最後に、 KB3164398は、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードします。
注: この更新プログラムには、以下の KB 資料で説明する問題も解決されます。

マイクロソフトがするを更新する SQL Server 2016 の rtm 版リリースのパッケージ、後で更新された Microsoft VC ランタイム バイナリを含めることによって。 ダウンロードしたお客様に SQL Server 2016 の rtm 版のパッケージが更新されるは、後、その時点では、この問題は発生しません。

(CU1 およびそれ以降のバージョン) に SQL Server の 2016 年のリリース後にサービスを提供と、これが必要な場合、サービスの更新プログラムの一部としてインストールされている更新されたバイナリがあります。