2014 の SQL Server エラー ログ内のセキュリティ ポリシーに SQL Server 起動アカウントについての情報を追加する更新プログラム

概要

この更新プログラムでは、インスタンスのデータベースのインスタント ファイルの初期化が有効になっているかどうかに関する情報を追加することによって 2014 の SQL Server のサポート性が向上します。SE_MANAGE_VOLUME_NAME を SQL Server サービスのスタートアップ アカウントが付与されると、データベースのインスタント ファイルの初期化が有効になります。Windows 管理者グループのメンバーはこのアクセス許可し、を与えることが他のユーザーをボリュームの保守タスクを実行するセキュリティ ポリシーに追加することによって。

詳細

この更新プログラムは SQL Server の次のサービス パックに含まれています。


SE_MANAGE_VOLUME_NAME を SQL Server サービスのスタートアップ アカウントが許可された場合に、この更新プログラムをインストールした後は、SQL Server の起動時に SQL Server エラー ログに次のような情報メッセージが記録されます。
日付時刻サーバー データベース ファイルの瞬時初期化: を有効にします。セキュリティとパフォーマンスの考慮事項では 'データベース ファイルの瞬時初期化' SQL Server Books Online のトピックを参照してください。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。

SQL Server サービスのスタートアップ アカウントに SE_MANAGE_VOLUME_NAME が付与されていない場合は、SQL Server の起動時に SQL Server エラー ログに次のような情報メッセージが記録されます。
日付時刻サーバー データベース ファイルの瞬時初期化: 無効にします。セキュリティとパフォーマンスの考慮事項では 'データベース ファイルの瞬時初期化' SQL Server Books Online のトピックを参照してください。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。

SQL Server のサービス パックについて
SQL Server のサービス パックについて

関連情報

データベース ファイルの瞬時初期化

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3170019 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック