修正:「、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました」2016 の SQL Server を修復する場合

現象

次のシナリオで 2016 の SQL Server のインストールを修復する場合。
  • SQL Server の管理者のメンバーではないユーザーとして Windows にサインオンします。
  • SQL Server サービスが停止します。
SQL_Telemetry_LoginRepair_Startup_Cpu64修復中に、前述のシナリオのいずれかで、次のようなポップアップ ウィンドウにエラー メッセージが表示される可能性があります。
Microsoft SQL Server 2016 のセットアップ
次のエラーが発生しました。
SQL Server への接続を確立中にネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからないか、アクセスできませんでした。インスタンス名が正しいことと、SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認します。(プロバイダー: 名前付きパイプ プロバイダー、エラー: 40 - SQL Server への接続を開くことができません)失敗したアクションを再試行するには、[再試行] をクリックしてまたは、この操作をキャンセルし、セットアップを続行するには、[キャンセル] をクリックします。
注: ポップアップ ウィンドウを閉じるにキャンセルをクリックすると、修復が正常に終了もできます。

解決策

問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。
SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。
プロパティ

文書番号:3174829 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2016 Developer, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise Core

フィードバック