Windows Server 2003 の Boot.ini ファイルの編集方法

概要

この資料では、Microsoft Windows Server 2003 で Boot.ini ファイルを表示して手動で構成する方法について手順を追って説明します。


Windows Server 2003 では、Boot.ini ファイルをすばやく簡単に検索し、Microsoft Windows スタートアップ構成の確認および編集を行い、必要に応じて ARC (Advanced RISC Computing) パスを変更できます。また、Boot.ini ファイルにスイッチを追加できます。


先頭に戻る

Boot.ini ファイルを編集する

Boot.ini ファイルを表示し、編集するには、以下を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [システム] をダブルクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックし、[起動と回復] の [設定] をクリックします。
  4. [起動システム] の [編集] をクリックします。
: マルチブート オペレーティング システムを構成している場合、[既定のオペレーティング システム] の一覧で、デフォルトで起動するオペレーティング システムをクリックします。


先頭に戻る

典型的な例

記憶域の構成が変更された後でユーザーが Boot.ini ファイルの ARC パスを手動で構成する必要がある場合の典型的な例を次に示します。
  • BIOS が無効に設定された新しいコントローラを追加した場合、Boot.ini ファイルの ARC パスを確認し、手動で修正することが必要な場合があります。


    : 追加したコントローラによって、ARC パスのコントローラのセクションが影響を受ける場合もあります。
  • コンピュータのディスクを追加または削除した場合は、ARC パスを更新することが必要な場合があります。
  • オペレーティング システムによって Boot.ini ファイルが更新されることがありますが、その場合でも ARC パスは手動で更新する必要があります。ARC パスを手動で更新する必要があるかどうかは、Boot.ini ファイルに対する変更の範囲と性質によって決まります。


    ARC パスに対するこの変更が原因でコンピュータの起動時に問題が発生した場合は、次の手順を実行してください。
    1. 回復コンソールを起動し、map ARC コマンドを実行します。map ARC コマンドの結果から、正しい ARC パスを確認できます。
    2. 別のコンピュータで新しい Boot.ini ファイルを作成します。
    3. 次のいずれかの方法を使用して、この新しい Boot.ini ファイルをコピーします。
      • 新しい Boot.ini ファイルをフロッピー ディスクにコピーし、回復コンソールを使用して、新しい Boot.ini ファイルをシステムにコピーします。
      • 新しい Boot.ini ファイルを NT ブート フロッピーにコピーします。Ntldr、Ntdetect.com、および大容量記憶域デバイス ドライバ (Bootdd.sys という名前に変更したもの) ファイルも必要な場合は、同じフロッピー ディスクにコピーします。
    または、回復コンソールおよび /bootcfg スイッチを使用して、Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 の ARC パスを修正することもできます。
先頭に戻る

ARC パスが自動的に更新されない場合

ここでは、記憶域の構成変更の検出時に ARC パスが自動的に更新されない理由について説明します。


記憶域の構成変更を行ったとき、Boot.ini ファイルの既存の ARC パスが原因で次回の起動時に問題が発生する可能性があることをオペレーティング システムは判断できません。ARC パスが更新されるのは起動時 (つまり、リムーバブル ハード ディスクが接続されたとき) であるため、リムーバブル ハード ディスクの ARC パスがどのように更新されるのかをオペレーティング システムは判断できません。ドライバの存在が原因で Boot.ini ファイルの既存の ARC パスが影響を受けるかどうかも、オペレーティング システムにはわかりません。また、記憶域の構成がオフラインで変更された場合も、オペレーティング システムはこの変更を認識できません。


たとえば、コンピュータをシャットダウンした場合、オペレーティング システムは次回の起動時までは次のような変更を検出できません。
  • コントロールの追加
  • 記憶域の追加
  • コントローラの BIOS の変更
  • 既存のコントローラへの記憶域の追加
起動処理には Boot.ini ファイルの ARC パスを変更するコードは含まれていないため、コンピュータの次回の起動が正常に行われない場合があります。

サードパーティのユーティリティ

一部のサードパーティのユーティリティでは、パーティションやドライブが変更されます。これらのユーティリティによって、起動時に使用される ARC パスに影響を与える変更が行われ、この変更がオペレーティング システムで認識されない場合があります。


先頭に戻る

ARC パスが自動的に更新される場合

ここでは、Boot.ini ファイルの ARC パスがオペレーティング システムによって自動的に変更される場合の例を示します。
  • パーティションの変更 : 論理ディスク マネージャまたは Diskpart ツールを使用して、パーティションを作成または削除した場合。
  • ダイナミック ディスクの変更 : 保持されているパーティションがあるダイナミック ディスクに対して変更を行ったときに、ARC パスの更新を促すメッセージが表示されることがあります。これは、ダイナミック ディスクであるにもかかわらず、パーティション テーブルのセクタ 0 にパーティションに関する情報が存在することを意味します。この状況は、以下のいずれかに該当する場合に発生します。
    • ディスクがダイナミック ディスクに変換される前にパーティションが存在していた場合。
    • パーティションに関する情報がパーティション テーブルに確実に追加されるように、Diskpart ツールで /retain コマンドが実行された場合。
先頭に戻る

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
239780 Windows Boot.ini ファイルで使用するセーフモード ブート スイッチについて
148954 モデムを使用してリモート デバッグ セッションを設定する方法

先頭に戻る
プロパティ

文書番号:317526 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック