コントロール パネルの [outlook 2013 のメールが表示されません。

適用対象: Outlook 2013

現象


Microsoft Outlook 2013 クイック実行・ インストールがあるし、[コントロール パネル] をダブルクリックすると、メールが表示されません。

原因


この問題は、Office 2013 クイック実行年 2016年 6 月更新プログラムをインストールした後に発生します。これは、15.0.4833.1001 のバージョン番号です。Office 2013 のクイック実行のインストールを使用しているかどうかを決定して、インストールのバージョン番号を検索するには、' 詳細 ' を参照してください。


解決策


この問題を解決するには、バージョン 15.0.4841.1001 またはそれ以降のバージョンでインストールされている Office 2013 のクイック実行がいることを確認します。このバージョンまたはそれ以降のバージョンでない場合は、Office 2013 のインストールを更新します。そのためには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook や Word などの Office アプリケーションを開きます。
  2. ファイルをクリックし、 Office のアカウントまたはアカウント] をクリックします。
  3. [ Office の更新プログラムに記載されているバージョンを表示します。
  4. バージョンが 15.0.4841.1001 またはそれ以降のバージョンでない場合は、更新オプション] をクリックし、[今すぐ更新] をクリックします。

    場合は、更新プログラムを無効にしていた、] をクリック更新プログラムを有効にする更新プログラムのオプション] をクリックし、[今すぐ更新] をクリックします。
Office 2013 のクイック実行の詳細については、次の資料を参照してください: Office 2013 の更新プログラムまたは Office 365


回避策


この問題を解決する「解決方法」セクションに記載されている更新プログラムをインストールできない場合は、必要に応じて、次方法のいずれかを使用して問題を回避できます。

既にしている場合、プロファイルをプロファイルに追加のアカウントを追加する、Outlook を開く [ファイル] メニューし、[アカウントの追加] をクリックします。指示に従って、新しいアカウントを追加します。


方法 1: コマンド ライン スイッチを使用して [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスで Outlook を起動

このメソッドは、新しい Outlook プロファイルを作成、開始するには Outlook プロファイルを選択するか別の既定の Outlook プロファイルを設定する場合に便利です。Outlook アカウント設定にアクセスする必要がある場合、は、方法 2 を使用します。

  1. 実行されている場合は、Outlook を終了します。
  2. 実行] ダイアログ ボックスを開きます。これを行うには、[Windows キーながら R キーを押します
  3. [実行] ダイアログ ボックスで、次のコマンド ライン スイッチを入力し、し、Enter キーを押します。

    Outlook.exe /profiles

    コマンド ライン スイッチに関する詳細については、次の資料を参照してください: Outlook のウィンドウのコマンド ライン スイッチ


方法 2: 以前のバージョンの Office 2013 クイック実行のインストールを元に戻す


この問題を回避するのには、15.0.4823.1004 にクイック実行の Office 2013 のインストールを元に戻すバージョンです。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. すべての Office アプリケーションを終了します。
  2. 管理者特権でコマンド プロンプトを開きます。これを行うには、[スタート] ボタン、検索の開始ボックスにcmdと入力、コマンド プロンプトまたは cmd.exe を右クリックし、管理者として実行] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで、windows のビットの数によって、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Office 2013 のインストールと Windows の 32 ビット バージョン。

    cd %programfiles%\Microsoft Office 15\ClientX86
    Office 2013 のインストールおよび 64 ビット バージョンの Windows の場合。

    cd %programfiles%\Microsoft Office 15\ClientX64

  4. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    officec2rclient.exe /update user updatetoversion=15.0.4823.1004

  5. 修復] ダイアログ ボックスが表示されたら、[オンラインの修復] をクリックします。
  6. 修復] をクリックし、修復をもう一度クリックします。
  7. 修復が完了した後、Outlook を起動します。
  8. ファイルをクリックし、 Office のアカウント] をクリックします。
  9. [製品情報] 列で、更新オプション] をクリックし、更新プログラムを無効にする] をクリックします。

    重要な注意事項この手順は非常に重要です。修復プロセスは、自動更新を再度有効にします。自動的に再インストールしている Office のクイック実行の最新バージョンを防ぐため、この手順に従うことになっていることを確認します。
  10. このサポート技術情報資料 (3175861) この問題の解決策を確認するのには未来の日付の予定表でアラームを設定します。この問題が解決したらもう一度 Office の [自動更新を有効にします。自動更新を再度有効にすると今後の更新プログラムをお見逃しなくことを確認します。

Office クイック実行の以前のバージョンに戻す方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Office 2013 または 2016年クイック実行の Office の以前のバージョンに戻すには2770432の方法



詳細


Office 2013 のクイック実行のインストールを使用しているかどうかを判断し、インストールのバージョン番号を確認するのには、次の手順に従います。

  1. Outlook で [ファイル] タブには、 Office のアカウントをクリックします。
  2. [製品情報] で情報を確認します。
    • Office 2013 のクイック実行のインストールを実行しているOffice の更新プログラムが表示されます。[ Office の更新バージョンを確認します。
      • バージョンが 15.0.4833.1001 の場合は、この資料のインストールに適用されます。
      • バージョンが 15.0.4823.1004 または以前のバージョンの場合は、この資料は、インストールには適用されません。
    • Office 更新プログラムがない場合は、Office 2013 の MSI ベースのインストールを使用しています。この例では、この資料は、インストールには適用されません。