SQL Server 2014 SP2 用の累積的な更新プログラム 1

説明 1 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 12.0.5511.0) Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 2 (SP2) 用。修正する SQL Server の 2014 SP2 のリリース以降後にリリースされたこの更新プログラムが含まれます。

累積的な更新

累積的な更新は、Microsoft ダウンロード センターでできます。

だけで SQL Server の 2014 SP2 用にリリースされた最新累積的な更新 (CU) は、ダウンロード センターで使用できます。

  • 新しい各 CU には、インストールされているバージョンまたはサービス パックの SQL Server の以前の CU に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。
  • マイクロソフトは、利用可能になる、CUs の継続的な事前対応型のインストールをお勧めします。

    • CUs の SQL Server のサービス パックと同じレベル、認定されているし、信頼の同じレベルでインストールする必要があります。
    • リリースされた CU には、既に解決されている問題が非常に多くのサポート ・ リクエストに関連する履歴データを示します。
    • CUs に付加価値をさらに、修正プログラムが含まれている可能性があります。これには、サポート性、管理性、および信頼性の更新プログラムが含まれます。

  • SQL Server のサービス パックの場合と同様、運用環境に展開する前に、CUs をテストすることをお勧めします。
  • 2014 の SQL Server の最新のサービス パックには、SQL Server のインストールをアップグレードすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

Microsoft SQL Server 2014 統合サービス Attunity Oracle CDC デザイナー/サービス機能パックは、SQL Server の統合サービス (SSIS) の付加価値を提供するスタンドアロン パッケージです。注: SQL Server 2014 Service Pack 2 の将来の CUs がリリースされた後は、 Microsoft Windows Update カタログからこの CU をダウンロードできます。ただし、使用可能な最新の CU をインストールすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
79907033070382FIX ストアド プロシージャに無効なユーザー名を使用してリモート クエリを実行するとき、SQL Server がクラッシュします。SQL サービス
79906733178541ピボット テーブルが SharePoint 用 SQL Server 2012 または 2014 PowerPivot で不正なデータ ソースに接続します。分析サービス
79906843150432多次元モードで Analysis Services のパフォーマンスが徐々 に低下します。分析サービス
78551553168690修正: SQL Server 2014 PowerShell スクリプト ジョブのトリガー DCOM エラー Azure PowerShell をインストールした後管理ツール
79907223170051修正: SQL Server 2012年フェールオーバー クラスターの診断ログが正確に設定が反映されて、failure_condition_level高可用性を実現
76790063157575FIX テーブルに SQL Server 2012 または 2014 で設定されているスパース列が含まれている場合、データベース コピー ウィザードが失敗します。管理ツール
78551993160303LIKE 演算子と SQL Server を 2016 で、"ss"のワイルドカードを使用する場合に誤った結果を修正します。SQL パフォーマンス
78551703154147修正:」の値を null にすることはできません"エラーが発生した評価したり、SQL Server の 2014 年の登録済みサーバー用のポリシーをインポートした場合管理ツール
76789443154226AlwaysOn セカンダリ レプリカで SQL Server 変更追跡が有効になっているときにメモリ リークを修正します。SQL サービス
79906643162858SQL Server のログのバックアップ ・ プロセスが失敗したときにエラーを「ログ バックアップ チェーンが壊れている」高可用性を実現
78551583168707修正: 保存ポリシーが機能しない SQL Server の 2014 年の SQL Server 管理のバックアップを Windows Azure を使用する場合管理ツール
76789803152965FIX エラーが発生 SQL Server での AlwaysOn 可用性グループにデータベースを追加すると 1478高可用性を実現
76790233160427修正: SSRS レポートを PDF 形式または TIFF 形式にエクスポートすると、不正なページ番号が表示されます。レポート サービス
79906873171896セカンダリ レプリカのトランザクション ログ バックアップの失敗により、SQL Server の可用性レプリカ上のそれ以降のバックアップ高可用性を実現
78551753154482FIX サービス ブローカーの UCS 作業メモリ リークが発生 SQL Server の 2014 年のSQL サービス
76789903149128SQL Server で sp_readerrorlog と sp_enumerrorlogs を実行するためのアクセス許可を変更するのにを更新します。SQL セキュリティ
78551653168708修正: SQL Server 管理するバックアップの Windows Azure にしようとすると SQL Server の 2014 SP1 または SP2 でデータベース スナップショットをバックアップするには管理ツール
798765231842272014 年の SQL Server のパブリケーションからアーティクルを削除した後、「リモート サーバー '(null)' は存在しません」エラーが発生します。SQL サービス
76789293152596修正: Unicode 文字で表示されます四角形のブロック、SSRS レポートから貼り付けた後レポート サービス
799065931644042014、2016、SSIS 2012 で派生した列の有効な式が失敗に修正します。統合サービス
79906683171516PowerPivot ブックのデータ更新をスケジュールする際にセキュリティ警告メッセージを追加するのにを更新します。分析サービス
79906503156452FIX「OraPassword の 'ソルト' 属性が存在しない」エラーが発生 SQL Server 2012 または 2014 に SSIS の統合サービス
75206853151526修正: SQL Server 2014 Service Pack 1 を Analysis Services プロジェクトの増分の展開すると、予期しないシャット ダウン分析サービス
76789133152042SSRS で、無効な日付パラメーターを使用すると、FIX PageRequestManagerServerErrorException エラーが発生レポート サービス
76789743162396FIX は共有データ ソースと保存された資格情報、SSRS に SharePoint の毎日のクリーンアップ ジョブによって削除されます。レポート サービス
79906933177666FIX を作成またはレポートの名前またはフォルダーの名前に SSRS 2012 または 2014 にコンマが含まれている場合は、レポートに対してデータ警告を管理できません。レポート サービス
76790143158388修正: SQL Server 2016 MDS データベースには表示されない SQL Server 2012 の MDS 構成マネージャーです。データ品質のサービス (DQS)
78551623169738修正: 管理されたバックアップの保存期間に基づくクリーンアップ タスクが失敗した SQL Server 2014 SP1 または SP2 でクエリのタイムアウトが発生したため管理ツール
78551943157016修正: SSRS を SSRS 2012 で実行するプログラムを使用して生成される RDL レポートが失敗した場合します。レポート サービス
78551893168710FIX CONTEXT_INFO 値が正しくないと返す context_info が SQL Server の 2014 年の 2 つの後続のゼロで終わるSQL サービス
76790233160427修正: SSRS レポートを PDF 形式または TIFF 形式にエクスポートすると、不正なページ番号が表示されます。レポート サービス
799065931644042014、2016、SSIS 2012 で派生した列の有効な式が失敗に修正します。統合サービス
76943363160874とき SQL Server 分析サービスの ROLAP パーティションからは、データをグループ化エラーを Excel で選択の変更を修正します。分析サービス
78551603169736FIX は、優先でないバックアップ レプリカで smart_admin.sp_backup_on_demand を実行することによってデータベースのバックアップを作成できません。管理ツール
79907133166545体字中国語バージョンの Windows 上の大きなテキスト ファイルからデータをインポートする bcp コマンドを使用する場合の修正: 切り捨てエラーSQL 接続
81980203175883パフォーマンスと「解放されていないスケジューラ」が減少する SQL Server で不要なスピンロックによって発生したエラーSQL パフォーマンス
81979673153836オペレーティング システム エラー 32 2014 年の SQL Server のデータベースを復元する場合SQL サービス
81980263178526SQL Server の 2014 年の sql_variant 型のデータを取得するために ODBC ドライバーを使用するときにエラーが発生しました。SQL 接続
N/A3212393SQL Server 2012 インスタンスをアップグレードした後の修正: rsInvalidReportServerDatabase エラーSQL サービス

この更新プログラムのメモ

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

言語のサポート
コンポーネントを更新
この更新プログラムのサポート
この更新プログラムをアンインストールする方法

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するに SQL Server 2014 SP2 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。
累積的な更新パッケージ ファイル情報
プロパティ

文書番号:3178925 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

フィードバック