[FIX] CHANGETABLE を使用するクエリの CPU 使用量が SQL Server 2014 SP1 または SQL Server 2016 で増加する

適用対象: SQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 Enterprise

現象


Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) 用の累積的な更新プログラム 6 をインストールしたか、または Microsoft SQL Server 2016 を使用していると仮定します。CHANGETABLE 関数を含むクエリを実行すると、以前よりも CPU の使用量が増加する可能性があります。

解決方法


Service Pack の情報

この問題は、SQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1) で修正済みです。SQL Server 2016 build versions (英語情報) を参照してください。

累積的な更新プログラムの情報

この問題は、次の SQL Server の累積的な更新プログラムで修正されました。

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集 を参照してください。