SQL Server 2016 Service Pack 1 のリリース情報

適用対象: SQL Server 2016 DeveloperSQL Server 2016 EnterpriseSQL Server 2016 Enterprise Core

この資料には、Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1) をインストールする前に読む重要な情報が記載されています。 Service Pack を入手する方法、Service Pack に含まれている修正プログラムの一覧、および製品の著作権情報の一覧を記載しています。

注: この記事は、この Service Pack に関連するすべてのドキュメントを一元管理するための情報です。 以前のリリース ノートおよび Readme.txt ファイルのすべての情報が含まれています。

詳細情報


SQL Server 2016 SP1 の入手方法

SQL Server 2016 SP1 は、SQL Server 2016 SP1 のダウンロード ページからダウンロードできます。 SQL Server 2016 SP1 Feature Pack は、ここからダウンロードできます。



注: Service Pack をインストールした後、SQL Server サービスのバージョンは 13.0.4422.0 として反映されます。

SQL Server 2016 SP1 に含まれる修正プログラムの一覧

Microsoft SQL Server 2016 Service Pack は累積的な更新プログラムです。 SQL Server 2016 SP1 は、SQL Server 2016 のすべてのエディションおよびサービス レベルを SQL Server 2016 SP1 にアップグレードします。 この記事に記載されている修正プログラムに加えて、SQL Server 2016 SP1 には、SQL Server 2016 の累積的な更新プログラム 1 (CU1) から SQL Server 2016 CU3 に含まれていた修正プログラムも含まれています。

SQL Server 2016 で使用可能な累積的な更新プログラムの詳細については、SQL Server 2016 のビルド バージョン一覧を参照してください。

注意事項
 
  • ここに記載されていないその他の修正プログラムも、Service Pack に含まれている可能性があります。
  • この一覧は、さらに資料が公開されたときに、更新される予定です。
SQL Server 2016 SP1 で修正されたバグの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
 
VSTS バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
80250452925865FIPS 対応の Windows で SSIS 2012 パッケージを実行するとエラーが発生する
80250413065060[FIX] SSMS で差分バックアップを復元すると "復元プランを作成できません。LSN チェーンが破損しています" というエラーが表示される
80249763100256構成 SSIS ログ ウィンドウを開くと "ログ プロバイダー "Microsoft.LogProviderSQLServer" が正しくインストールされていません" というエラーが表示される
80250183107397SQL Server で残余述語のプッシュダウンを含むクエリ実行プランの改善された診断機能
80249913112704[FIX] インポートおよびエクスポート ウィザードを使用してデータをインポートすると、見つからない列がエラー メッセージで指定されない
85294323168708[FIX] Windows Azure への SQL Server Managed Backup で SQL Server のデータベース スナップショットをバックアップしようとする
80251313170015DMV の sys.dm_os_memory_nodes が SQL Server 2014 の DAC ノードの pages_kb の値に 0 以外の値を返す
80249843170112SQL Server 2014 または 2016 で Showplan XML の 1 つのクエリに有効な最大メモリを公開するための更新プログラム
80249783170114Server 2014 または 2016 で DMF の sys.dm_db_incremental_stats_properties を追加するための更新プログラム
80249853170115有効なトレース フラグに関する情報が SQL Server 2014 SP2 または 2016 の Showplan XML に追加される
80250563170116[FIX] 最適化された入れ子になったループ結合を実行するために必要なメモリ許可が SQL Server 2014 または 2016 の Showplan XML に反映されない
79940083170123SQL Server 2014 または SQL Server 2016 SP1 のトランザクション レプリケーションに含まれるアーティクルの DROP TABLE DDL をサポートする
80249633172997SQL Server 2014 または 2016 で Showplan XML にメモリ許可の警告を追加するための更新プログラム
80249673172998[FIX] SQL Server 2014 または 2016 で sys.dm_db_uncontained_entities DMV を使用すると重大なエラーが発生する
80250883173156SQL Server 2014 または 2016 で AlwaysOn 拡張イベントとパフォーマンス カウンターを追加する更新プログラム
80251283173157SQL Server 2014 SP2 または 2016 SP1 の変更追跡サイド テーブルの手動でのクリーンアップ用ストアド プロシージャを追加する
80251493173766[FIX] SQL Server 2014 または 2016 のデータ破損およびアサーション エラーに対して DBCC CHECKDB または CHECKTABLE によって偽陽性が返される
83438683180060[FIX] CHANGETABLE を使用するクエリの CPU 使用量が SQL Server 2014 SP1 または SQL Server 2016 で増加する
80251253189663[FIX] ソフト NUMA が有効になっているときに SQL Server のエラー ログに論理プロセッサが誤って記述される
70627443189687[FIX] SQL Server 2016 で SSIS BI プロジェクトを閉じて再度開くと "Password の ’Salt’ 属性がプロジェクト マニフェストにありません" というエラーが表示される
82654723189709[FIX] 名前付きインスタンスで SQL Server 2016 の累積的な更新プログラム 1 のインストールに失敗する
81032483189813SQL Server 2016 で新しいクエリ ヒント USE HINT を導入する更新プログラムを入手できる
81032613190548SQL Server 2016 で新しい Transact-SQL ステートメント CREATE OR ALTER を導入するための更新プログラム
81032653190761SQL Server 2016 の Showplan XML 出力でパラメーター化クエリのパラメータのデータ型を公開して診断を改善するための更新プログラム
81496173190762SQL Server 2016 で残余述語のプッシュダウンを含むクエリ実行プランの診断を改善するための更新プログラム
81554253190871新しい動的管理関数 "sys.dm_exec_query_statistics_xml" が SQL Server 2016 Service Pack 1 で提供される
83384963191062[FIX] SQL Server 2014 または 2016 で複数のファイルを同時に作成すると、FileTable ディレクトリが応答を停止する
81107453191273SQL Server 2016 の新しい Referential Integrity Operator における自己参照制約のサポートを追加する更新プログラムが利用可能
77786363191296SQL Server 2016 でセキュリティ プロトコル ハンドシェイク情報を使用してトレース拡張イベントを拡張する更新プログラムが利用可能
82734953195825[FIX] SQL Server 2014 または 2016 でバッチ モードの入れ子になったループ結合を含むクエリ プランを実行したときにデッドロックが発生する
85285633197605[FIX] メモリ最適化テーブルを含むデータベースを復元すると、SQL Server 2016 が応答を停止する
83495003201552SQL Server 2016 の STATISTICS XML 出力に全体的なクエリ実行の統計情報を追加する更新が利用可能
82743523201554[FIX] SQL Server 2016 で多数の DISTINCT 演算子を含むクエリのコンパイル時間が長い
78986933177838SQL Server 2014 SP2 および SQL Server 2016 SP1 で DBCC CLONEDATABASE を使用してユーザー データベースのスキーマと統計のみのコピーを生成する方法
N/A3180087SQL Server 2016 で INSERT.. SELECT 操作を実行するとパフォーマンスが低下する
N/A3203693Windows Server 2016 および Windows 10 に SQL Server パッケージをインストールすると、"デジタル署名されたドライバーが必要です" という警告が表示される
N/AN/A記憶域クラス メモリ (NVDIMM-N 不揮発性記憶域) の利用時にトランザクション コミット時間 (待機時間) を 1/2 ~ 1/4 まで短縮できる新しいパフォーマンス機能
84512024019715修正プログラム: インメモリ OLTP チェックポイント ファイルに検出されたチェックサムの不一致に関する重大度レベル 21 のエラー メッセージが SQL Server 2016 のログに記録されない

 

その他の解決方法

SQL Server 2016 SP1 には、以下の問題に対する解決策も含まれています。
 
VSTS バグ番号 説明 領域
4300066 SQL Server コマンド プロンプト インストールの著作権情報を "© 2016 Microsoft" に更新します。 セットアップ
5128484 Standard Edition の SQL Server 2016 Analysis Services (表形式モード) では、16 GB のメモリ制限が無視されます SSAS
5610151 コマンド ライン オプションを使用して SQL Server のスリップストリーム インストールを実行したときに、不要な警告メッセージがコマンド ライン出力に返されます。 セットアップ
6867499 列のデータ型を text から varchar(max) に変更すると、NULL 値は無視されます。 エンジン
7270486 SQL Server の 1 つ以上の更新プログラムを削除した後、SQL Server を修復すると、修復操作は失敗してエラーになります。 セットアップ
7330691 レポートは SSRS レポート サーバーの実行ログに対するモバイル レポートかどうかを示す追加情報を追加します。 SSRS
7350315 英語以外のドメイン名を持つコンピューターに SQL Server をインストールすると、"パスに無効な文字があります" というエラーが表示されて失敗します。 セットアップ
7439317 "インストール済み SQL Server 機能の検出レポート" の文字列 "Setup Discovery Report" がローカライズされていません。 セットアップ
7439502 SQL Server 2016 のインストール ウィザードでは、SQL Server 2008 SP3 が必要なのに SQL Server 2008 SP3 と誤って表示されました。 セットアップ
7487320 DataViewSample に設定されていても、行レベルのセキュリティ (RLS) を含むクエリが失敗することがあります。 SSAS
7807395 Stretch Database が有効になっているテーブルでデータ調整に失敗した場合は、再承認を再試行する必要があります。 Stretch DB
8024962 クエリ テキストに埋め込まれたコメントと中括弧 ("{" または "}") の両方が含まれていると、Sqlcmd はエラーなしで終了します。 エンジン
8024968 バッチ ソートと最適化された入れ子ループは、安定性とパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。 エンジン
8024972 日付形式 YYYY/MM/DD を日付列に解析すると、BCP が失敗してエラーが発生します。  
8024974 列のデータ型を text から varchar(max) に変更すると、NULL 値は無視されます。 エンジン
8024987 述語のプッシュダウンを使用したテーブル スキャンおよびインデックス スキャンは、親演算子のメモリ許可を過大評価する傾向があります。 エンジン
8024994 [完了] タブで、MSDN ドキュメント「セキュリティ構成」へのリンクが、スリップストリーム インストールの [ドキュメントとリンク] セクションに表示されません。 セットアップ
8024997 オランダ語ではフルテキスト検索機能が適切に動作しません。 エンジン
8024998 既にログを含む SSIS パッケージで [SSIS ログの構成: Package] ダイアログを開くと、"ログ プロバイダー 'Microsoft.LogProviderEventLog' がインストールされていません" というエラーが表示されます。 SSIS
8025032 この更新プログラムでは、XML タスクが XML ドキュメントからエンコードを取得できない場合に Unicode エンコードが使用されるという動作が変更されます。 SSIS
8025058 Msdistribution_history テーブル (SQL Server レプリケーション) にエラー 20598 のテーブル名と主キー値の情報を追加します。 改善
8025059 レプリケーション エージェントがクエリ タイムアウトで失敗した場合、詳細なログ記録を有効にしなくてもクエリ テキストはログに記録されます。 レプリケーション
8025069 データベース名が "#" 文字で始まる場合、CREATE NONCLUSTERED INDEX ステートメントは失敗する可能性があります。 エンジン
8025081 対象のテーブルが空の文字列の場合、レプリケーション ログ リーダー エージェントが失敗することがあります。 レプリケーション
8025097 tempdb 構成の情報メッセージを SQL Server のエラー ログに追加します。 エンジン
8051010 セットアップ中に ODBC Driver 11 for SQL Server がインストールされると、SQL Server 2016 のセットアップが失敗することがあります。 セットアップ
8196154 フィルター述語が指定されている、Stretch Database が有効になっているテーブルでクエリの実行が失敗することがあります。 Stretch DB
8210484 関係マスクは、SQL Server 2016 Analysis Services の NUMA ノードに対して正しく機能しません。 SSAS
8267453 UPDATE ステートメントと INSERT ステートメントの両方を含む MERGE ステートメントは、対象になるテーブルに一意なインデックスが含まれている場合に、"重複するキー行を挿入できません" というエラーで失敗します。 エンジン
8279683 組ムーバー タスクが予期せず終了した場合、SQL Server がクラッシュします。 エンジン
8281121 SSAS 表形式モードに NUMA 対応を実装することで、SSAS 表形式のパフォーマンスのスケーラビリティを向上させます。 SSAS
8292093 Stretch Database が有効になっているテーブルにインデックスを作成、変更、または削除すると失敗することがあります。 Stretch DB
8343905 スリップストリーム インストールが失敗し、"厳密な名前の検証に失敗しました" というエラーが表示されることがあります。 セットアップ
8348718 スリップストリーム インストールで updateenabled が false に設定されている場合、セットアップの概要ログには、インストール中にインストールされた更新プログラムの情報が含まれません。 セットアップ
8430619 Intel® Threading Building Blocks (Intel® TBB) を使用して、SSAS 表形式のパフォーマンスのスケーラビリティを向上させます。 SSAS


SQL Server のインストールを SQL Server 2016 SP1 にアップグレードする方法の詳細については、「サポートされるバージョンとエディションのアップグレード」を参照してください。

既知の問題

SQL Server Reporting Services

SQL Server 2016 SP1 のインストール後、SQL Server Reporting Services を使用すると、次の問題が発生することがあります。
  • セキュリティで保護された接続 (https/SSL 接続) を使用するように Reporting Services が設定されている場合、セキュリティ コンテンツに関する警告が表示されることがあります。
  • 特定の状況で、[印刷] ボタンが機能しなくなります。
これらの問題に対処するには、KB 3207512 の修正プログラムをインストールします。
 

SQL Server Integration Services (SSIS)

SQL Server 2016 SP1 のインストール後、Integration Services サービスの起動およびアクセス用の DCOM アクセス許可が既定のアクセス許可にリセットされます。 DCOM のアクセス許可をカスタマイズしてある場合は、そのカスタマイズを再適用する必要があります。 この問題は現在調査中で、問題の修正プログラムはまだ入手できませんが、ユーザーは KB 2000474 に記載されている回避策を適用することができます。
 

ODBC Driver 13.1

SQL Server 2016 の既定のインストールでは、ODBC Driver 13.0 がサーバーにインストールされ、SQL エージェントおよび SSMS (サーバー上にインストール) で SQL Server インスタンスへの接続に使用されます。 何らかの理由で ODBC Driver 13.1 をサーバーにインストールした場合は、SQL Server 2016 SP1 のインストールで ODBC Driver 13.1 のインストールが上書きされ、13.1 で導入された修正 (KB 3185365 など) が無効になる可能性があります。 このような場合は、SQL Server 2016 SP1 のインストール後、SQL Server 2016 SP1 でインストールされた ODBC ドライバーをアンインストールし、ODBC Driver 13.1 をインストールすることをお勧めします。

サーバーにインストールされている ODBC ドライバーを確認するには、サーバーのコントロール パネルで [プログラムと機能] を選択し、「ODBC」を検索します。 ODBC Driver 13.1 のバージョン番号は、以下のように 13.1.811.168 です。
 
ODBC ドライバー
 

SQL Server 2016 SP1 のアンインストール (お勧めしません)

何らかの理由で SQL Server 2016 SP1 をアンインストールすることにした場合、アンインストールはブロックされず、他の Service Pack と同じようにアンインストールできます。 ただし、SQL Server の Standard、Web、Express のいずれかのエディションを搭載していて、SQL Server 2016 SP1 の起動でのみ有効になる一部の新規機能を利用している場合は、SQL Server 2016 SP1 のアンインストール後に、予期しないエラーが発生したり、データベースが問題のある状態のままになる場合があります。 さらに悪い状況としては、システム データベースのマスター データベースでパーティション テーブル(などの新規機能が使用されている場合は、SQL Server 2016 SP1 のアンインストール後に SQL Server インスタンスが起動できなくなるおそれがあります。 そのため、Enterprise Edition 以外のエディションでは、SQL Server 2016 SP1 をアンインストールする前に、利用している新規機能をすべて無効にするか削除することをお勧めします。 メモリ最適化データ ファイルグループを削除することはできません。 したがって、SP1 でデータベースにメモリ最適化データ ファイルグループをセットアップしてある場合は、SQL Server 2016 SP1 をアンインストールしないでください。アンインストールすると、データベースが問題のあるモードになり、エラー ログに次のようなエラー メッセージが記録されます。
<日時> spid15s エラー: 41381、重大度: 21、状態: 1。
<日時> spid15s データベースは、このエディションの SQL Server では起動できません。このデータベースには、MEMORY_OPTIMIZED_DATA ファイル グループが含まれています。 SQL Server の各エディションでサポートされている機能の詳細については、オンライン ブックを参照してください。
 

関連情報


現在の SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法の詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報の文書番号をクリックしてください。
321185
SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。