MS16-104: Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2016 年 9 月 13 日)

概要

このセキュリティ更新プログラムは、報告されたいくつかの Internet Explorer の脆弱性を解決します。これらの脆弱性により、ユーザーが Internet Explorer を使用して特別に細工された Web ページを表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-104 を参照してください。

更新プログラムの入手方法とインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。セキュリティ更新プログラムを自動的に取得する方法に関する詳細については、セーフティと&セキュリティ センターの記事「コントロール パネルで自動更新を有効にする」セクションを参照してください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。この更新プログラムのダウンロード リンクについては、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-104 を参照してください。

詳細

次の記事には、このセキュリティ更新プログラムに関する詳細な情報が記載されています。

  • 3185319 MS16-104: Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2016 年 9 月 13 日)
    セキュリティ更新プログラム 3185319 の既知の問題
    • エクスプローラーで (お気に入りフォルダーなどから) .URL ショートカットを開くと、"ファイルのダウンロード - セキュリティの警告" メッセージが表示されます。この問題を解決するには、更新プログラム 3199375 をインストールします。
    • マイクロソフトは、Internet Explorer 10 または Internet Explorer 11 で ActiveX インストーラー サービス (AXIS) を使用しているときに ActiveX をインストールできないという限定的な問題を確認しています。この問題を解決するには、更新プログラム 3192665 をインストールします。
  • 3188724 MS16-116: VBScript スクリプト エンジン用の OLE オートメーションのセキュリティ更新プログラム (2016 年 9 月 13 日)
  • 3184122 MS16-116: VBScript スクリプト エンジン用の OLE オートメーションのセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 9 月 13 日)
さらに、Windows 10、Windows 10 Version 1511、Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラムについては、次の記事を参照してください。

  • 3185611 Windows 10 用の累積的な更新プログラム(2016 年 9 月 13 日)
  • 3185614 Windows 10 Version 1511 用の累積的な更新プログラム(2016 年 9 月 13 日)
  • 3189866 Windows 10 Version 1607 用の累積的な更新プログラム: (2016 年 9 月 13 日)
セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報
このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法
プロパティ

文書番号:3183038 - 最終更新日: 2016/12/06 - リビジョン: 1

フィードバック