Outlook 2016 がスタートアップ画面の "処理中" でハングする

適用対象: Outlook 2016

現象


Microsoft Outlook 2016 を起動すると、スタートアップ画面の "処理中" の段階でハングします。 Outlook は完全に起動しません。

解決方法


この問題は以下の更新プログラムで修正されました。

  • Office 2016 クイック実行エディション用の Office ビルド 16.0.7369.2015
  • Microsoft インストーラー (.msi) ベース エディションの Office 20162017 年 3 月の更新プログラム

回避策


この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。
 

方法 1: Outlook 2016 が常に最大化されて実行されるように構成する

 
  1. Outlook 2016 を終了します。
  2. Outlook を起動するときに使用するアイコンのショートカットの [プロパティ] にアクセスします。
     
    • デスクトップ上のアイコン
       
      • デスクトップ上の Outlook アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    • タスクバーにピン留めされているアイコン
       
      1. タスクバー上の Outlook アイコンを右クリックし、[Outlook 2016] 右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
         
    • [スタート] メニューにピン留めされているアイコン
       
      1. [スタート] メニューにピン留めされている Outlook タイルを右クリックし、[その他] をポイントして、[ファイルの場所を開く] をクリックします。
         
      2. エクスプローラー ウィンドウが開いたら、[Outlook 2016] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [Outlook 2016 のプロパティ] ダイアログボックスで、[実行時の大きさ] として [最大化] を選択します。
     
  4. [OK] をクリックします。
 

方法 2: グループ ポリシーを使用して Outlook 2016 が常に最大化されて実行されるように構成する

  1. グループ ポリシー管理コンソールを起動します。

    ドメイン全体ではなく組織単位にポリシー設定を適用している場合、ポリシー設定の適用方法によって手順が変わることもあります。 そのため、詳細については Windows のドキュメントを参照してください。
  2. グループ ポリシー管理コンソールの [ユーザーの構成] で、[基本設定] を展開し、[Windows の設定] を展開して、[ショートカット] をクリックします。
  3. 以下のプロパティで新しいショートカットを作成します。

    名前: Outlook 2016
    場所: すべてのユーザーのデスクトップ
    ターゲット パス: <Outlook.exe のパス>
    引数: /recycle
    開始: <Outlook.exe のパス>
    実行: 最大化
    アイコン ファイルのパス <Outlook.exe のパス>

    Outlook.exe のパスは、以下のように、Office のインストールの種類と Windows および Office のビット数によって異なります。
     
    Office のインストールの種類 Windows および Office のビット数 Office の既定のパス
    クイック実行 同じ C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16\
    クイック実行 異なる C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16\
    MSI 同じ C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\
    MSI 異なる C:\Programs Files (x86)\Microsoft Office\Office16\
    同じビット数: Windows 32 ビット版で実行されている Office 32 ビット版または Windows 64 ビット版で実行されている Office 64 ビット版
    異なるビット数: Windows 64 ビット版で実行されている Office 32 ビット版
  4. 作成したショートカットをコピーし、それを貼り付けて複製を作成します。
  5. 貼り付けたショートカットをダブルクリックし、[場所] を [すべてのユーザーの [スタート] メニュー] に変更します。 [OK] をクリックします。
  6. 作成したショートカットをコピーし、それを貼り付けて複製を作成します。
  7. 貼り付けたショートカットをダブルクリックし、[場所] を [すべてのユーザーのプログラム] に変更します。 [OK] をクリックします。
     

タスクバーにピン留めされている Outlook 2016 のショートカットは置き換えられないことに注意してください。 タスクバーのショートカットのピン留めを解除し、ポリシーが有効になってから、他のいずれかの場所にあるショートカットを再びピン留めできます。
 

方法 3: レジストリから Outlook の [フレーム] の値を手動で削除する

重要
このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題が発生した場合に備えて復元用のレジストリのバックアップを作成してください。
 
  1. Outlook 2016 を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動するには、次のいずれかの手順を使用します。
     
    • Windows 10、Windows 8.1、および Windows 8: Windows キーを押しながら R キーを押して [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。 「regedit.exe」と入力し、[OK] をクリックします。
    • Windows 7: [スタート] をクリックし、[検索] ボックスに「regedit.exe」と入力して、Enter キーを押します。
  3. レジストリ エディターで、レジストリ内の次のサブキーを見つけてクリックします。
     
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Office Explorer
  4. 詳細ウィンドウで [フレーム] の値を選択します。
  5. [編集] メニューの [削除] をクリックします。
  6. [はい] をクリックして、この値の削除を確定します。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. Outlook 2016 を起動します。

この問題が繰り返し発生したら、この手順を再び実行する必要があります。 この問題が頻繁に発生する場合は、別の方法を使用してこの問題を回避することを推奨します。
 

方法 4: .reg ファイルを作成してレジストリ内の Outlook の [フレーム] の値をリセットする

重要
このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題が発生した場合に備えて復元用のレジストリのバックアップを作成してください。
 
  1. メモ帳を起動します。
  2. 次のテキストをコピーし、メモ帳に貼り付けます。
     
    Windows Registry Editor Version 5.00
    [HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Office Explorer]
    "Frame"=hex:
  3. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  4. .Reg ファイルを作成する場所を参照します (アクセスしやすいデスクトップなど)。
  5. [ファイルの種類] で [すべてのファイル] を選択します。
  6. ファイル名とファイル名拡張子 .reg を入力します (「Reset Outlook Frame.reg」など)。
  7. [保存] をクリックします。
  8. この問題が発生したら、まず Outlook を終了します。次に、この問題を回避するために、.reg ファイルをダブルクリックして Outlook の [フレーム] の値をリセットします。
 

方法 5: グループ ポリシーを使用してレジストリから Outlook の [フレーム] の値を削除する

重要
このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題が発生した場合に備えて復元用のレジストリのバックアップを作成してください。
 
  1. グループ ポリシー管理コンソールを起動します。

    ドメイン全体ではなく組織単位にポリシー設定を適用している場合、ポリシー設定の適用方法によって手順が変わることがあります。 詳細については Windows のドキュメントを参照してください。
  2. グループ ポリシー管理コンソールの [ユーザーの構成] で、[基本設定] を展開し、[Windows の設定] を展開して、[レジストリ] をクリックします。
  3. 以下のプロパティでレジストリ項目を作成します。

    アクション: 削除
    ハイブ: HKEY_CURRENT_USER
    キー パス: SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Office Explorer
    値の名前: フレーム
  4. [OK] をクリックします。
 

方法 6: ログオン スクリプトを使用して Outlook の [フレーム] の値をレジストリから削除する

重要
このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題が発生した場合に備えて復元用のレジストリのバックアップを作成してください。

ログオン スクリプトに次の PowerShell コマンドを含めます。
 
remove-itemproperty 'HKCU:\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Office Explorer' -Name Frame

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されている製品の問題として認識しています。