SharePoint Server 2013 上の Excel Services 用のセキュリティ更新プログラムについて2017 年 5 月 10 日


概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 これらの脆弱性の詳細については、「CVE-2017-0281 | .NET のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性」を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

方法 2: Microsoft Update カタログ

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2017 年 5 月 10 日」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムを適用しても、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名 パッケージ ハッシュ SHA 1 パッケージ ハッシュ SHA 2
xlsrvloc2013-kb3191887-fullfile-x64-glb.exe 8F3473B057BF693298B65FC2B36C49B24D7F2D17 9AECED4AE257E341FBCEDC13C9A38D96292D738F2AA340498262A41ABB20033D

ファイル情報

この累積的な更新プログラム 3191887 で提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 3191887 のファイル情報をダウンロードしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法