8.1.0 の Microsoft Dynamics CRM のサービス更新プログラム 3


はじめに


Microsoft Dynamics CRM Online 8.1.0 のサービス更新プログラム 3 があるようになりました。 修正プログラムについて説明し、サービスに含まれる更新プログラム 3 を更新します。

詳細情報


更新プログラム パッケージ ビルド番号  
Microsoft Dynamics CRM Online 8.1.0 のサービス更新プログラム 3 8.1.0.0502

組織にこの更新プログラムの適用があったかどうかを判断するのには、Microsoft Dynamics CRM Online のバージョン番号を確認してください。 右上隅で、歯車アイコンをクリックし、[バージョン情報

サービス更新プログラム 3 には、次の問題が解決されます。

パフォーマンスの向上

次の一覧では、Dynamics の機能、速度、解像度を向上させる問題について説明します。

  • Exchange Web サービスは、ServiceResponseException をスローする場合、サーバー側の同期で動作 (予定、連絡先、およびタスク) を使用するとメールボックスが停滞します。
  • メールボックス滞留するとき、「RPC サーバーが利用可能な」例外が発生しました。

予期しない動作

次のリストの詳細解像度を修正する問題が意図したとおりに動作しない Dynamics のアクションが実行されます

  • この更新プログラムで予期しない動作に関連する修正プログラムはありません。

修復機能

次のリストの詳細解像度の問題が機能していないように内の項目を修復します

  • グローバル監査とユーザー エンティティの監査を有効にした後、AddMembersTeamRequest SDK 呼び出しが機能しません。

エラー メッセージ、例外、およびエラー 

次のリストの詳細解像度を修正する問題エラー、例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害を生成する操作です

  • 余分な処理ではパフォーマンスの問題が発生することができますが、メールボックスの数が多いを選択するのにはサーバー側の同期化の原因で、メールボックスの承認チェックの実行中に例外が発生します。 

リリース一覧に戻る