Windows 2000 ターミナル サービスで Outlook 2002 を使用するときにエラー メッセージが表示されます。

現象

Microsoft Windows 2000 ターミナル サービスで Outlook 2002 を使用して、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
最後の時刻が正常に起動に失敗しました。セーフ モードで Outlook を起動、修正したり、プログラムを正常に起動するためにスタートアップの問題を特定できます。このモードでは、いくつかの機能を無効にすることがあります。

Outlook をセーフ モードで起動しますか。
[はい] または [いいえ] をクリックする場合は、Outlook 2002 が起動します。次に、Outlook 2002 を起動するときはエラー メッセージが表示されなければ、次にその後 Outlook 2002 を起動するときエラー メッセージが表示される操作を行います。Outlook 2002 を起動するその他のたびにエラー メッセージを受信するには、このループはいつまでも続きます。

原因

復元性キーの下にサブキーが書き込まれ、Outlook 2002 でテスト失敗した場合の起動をした場合、復元性キーは削除されませんので、この問題が発生します。復元性キーが残っている場合は、次に Outlook 2002 を起動するときに、「現象」で参照されているエラー メッセージが表示されます。

復元性キーの下のサブキーを記述する方法の例を次に、します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Windows NT\Current Version\Terminal Server\Install\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Resiliency
TermSrvCopyKeyOnceキーを使用して、Windows 2000 ターミナル サービスの復元性キー下のサブキーのいずれかのレジストリに値が 0x1 を発生しています。

Outlook 2002 の起動時、次のレジストリ キーが作成されます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Resiliency
: Microsoft Outlook の復元性キーは、Outlook 2002 の新しい。

問題が発生しない場合は、復元性キーが削除されます。Outlook 2002 では起動中に、多くのテストのいずれかが失敗した場合は、復元性キーの下にサブキーが書き込まれ、復元性キーは削除されません。

サブキーが、具体的には次のレジストリ キーからサブキー HKEY_CURRENT_USER (HKCU)レジストリ キーからプログラムによって削除された場合
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Resiliency
サーバーは、ターミナル サーバーをインストール モードでは、中には、次の例のように、 HKEY_LOCAL_MACHINE (HKLM)のレジストリ キーにデータがコピーされます。
HKLM\Software\Microsoft\Windows NT\Current Version\Terminal Server\Install\Software\\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Resiliency
プログラムは、サーバー モードのターミナル サーバーのアプリケーションで取得し、それがありません、もう一度HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Resiliencyのレジストリ キーにアクセスする際に、具体的にはHKLM\Software\Microsoft\Windows の場合 Version\Terminal Server\Install\Software\\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Resiliencyキーので、HLKM の場所にプログラムを検索します。復元性キーは、復元性キーのサブキーのいずれかの下のTermSrvCopyKeyOnceレジストリ キーには、復元性キーは HKCU に戻さ。

この例では、ターミナル サーバーをインストール モードのサブキーを復元キーが記述されています。ターミナル サーバーは、ターミナル サーバー アプリケーション モードに戻る後のすべてのユーザーが影響を受ける Outlook 2002 は、弾力性のキーを検索し、そのため、ループが発生します。

解決策

この問題を解決するのには次の手順に従います。
  1. コンソール (ターミナル サービス) では、上には、Outlook 2002 を終了します。
  2. Windows 2000 のターミナル サービスの開始] をクリックし、[実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに「regedit」と入力し、 OKをクリックしますします。
  4. 見つけて次のレジストリ キーを削除します。
    HKLM\Software\Microsoft\Windows NT\Current Version\Terminal Server\Install\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Resiliency
  5. [ファイル] メニューには、レジストリ エディターを終了する終了をクリックします。

詳細

Outlook 2002 のセーフ モードの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
298838エラー メッセージ:「[前回正常に起動に失敗しました」

Windows 2000 ターミナル サービスの別のモードの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Windows 2000 でアプリケーション サーバー モードでターミナル サービスをインストールするには、方法を306626

プロパティ

文書番号:319517 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック