[OFF2003] [HOWTO] Office Web コンポーネント (OWC) のプログラミングに役立つ各種情報とサンプル

概要

この資料では、Microsoft Office Web コンポーネント (OWC) に関するさまざまな情報の入手方法について説明します。また、OWC を使用してプログラミングする際に参考になる関連情報についても紹介します。


Office Web コンポーネントのリファレンスを使用する


次の表は、Office Web コンポーネントと一緒にインストールされるヘルプ ファイルの一覧です。これらのヘルプ ファイルを開くには、エクスプローラで該当するディレクトリに移動し、目的のヘルプ ファイルをダブルクリックします。


コンポーネント名
Office Web コンポーネント 9.0
Office XP Web コンポーネント
Office 2003 Web コンポーネント
説明
グラフ
MSOWCDCH.CHM
OWCDCH10.CHM
OWCDCH11.CHM
グラフ コンポーネントのデザイン時のリファレンス
ピボットテーブル
MSOWCDPL.CHM
OWCDPL10.CHM
OWCDPL11.CHM
ピボットテーブル コンポーネントのデザイン時のリファレンス
スプレッドシート
MSOWCDSS.CHM
OWCDSS10.CHM
OWCDSS11.CHM
スプレッドシート コンポーネントのデザイン時のリファレンス
スプレッドシート
MSOWCFUN.CHM
OWCFUN10.CHM
OWCFUN11.CHM
スプレッドシート コンポーネントの組み込み関数のリファレンス
データソース、グラフ、ピボットテーブル、スプレッドシート
MSOWCVBA.CHM
OWCVBA10.CHM
OWCVBA11.CHM
すべてのコンポーネントのプログラミング リファレンス


: Office Web コンポーネント 9.0 のヘルプ ファイルは、デフォルトでは %SystemDrive%\Program Files\Microsoft Office\Office\1041 フォルダにインストールされます。Office XP Web コンポーネント 10.0 のヘルプ ファイルはデフォルトでは %SystemDrive%\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Components\10\1041 フォルダにインストールされます。Office 2003 Web コンポーネントは、%SystemDrive%:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Components\11\1041 フォルダにインストールされます。


Visual Basic 6.0 でコンテキストヘルプを使用する

Office Web コンポーネントのデザイン時のヘルプを参照するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Visual Basic 6.0 で、ツールボックスを右クリックし、[コンポーネント] をクリックします。
  2. [Microsoft Office Web Components 9.0] チェック ボックス、[Microsoft Office XP Web Components] チェック ボックス、または [Microsoft Office Web Components 11.0] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  3. ツールボックスの任意の Web コンポーネントをダブルクリックしてフォーム上に配置します。
  4. コントロールのデザイン時のヘルプを参照するには、コントロールのツール バーの [ヘルプ] ボタンをクリックします。また、コントロールにフォーカスがある状態で F1 キーを押してヘルプを表示することもできます。
プログラミングのヘルプを参照するには、次の手順を実行します。

  1. コード ウィンドウで、ヘルプを参照するメソッドまたはプロパティを選択します。
  2. F1 キーを押します。
: Microsoft Visual Studio .NET では、F1 キーを押してコンテキスト ヘルプを呼び出すことはできません。デザイン時のヘルプまたはプログラミングのヘルプを参照するには、コントロールのツール バーの [ヘルプ] ボタンをクリックしてください。


オブジェクト ブラウザを使用する

オブジェクト ブラウザを使用すると、Web コンポーネントのクラスを参照できます。また、各クラスのオブジェクトと関連付けられているプロパティ、メソッド、イベント、および定数を参照することもできます。Web コンポーネントのクラス、メソッド、およびプロパティのヘルプを参照するには、次の手順を実行します。
  1. Visual Basic 6.0 で、ツールボックスを右クリックし、[コンポーネント] をクリックします。
  2. [Microsoft Office Web Components 9.0] チェック ボックス、[Microsoft Office XP Web Components] チェック ボックス、または [Microsoft Office Web Components 11.0] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  3. ツールボックスの任意の Web コンポーネントをダブルクリックしてフォーム上に配置します。
  4. F2 キーを押してオブジェクト ブラウザを開きます。
  5. [プロジェクト/ライブラリ] ボックスの一覧で、参照するタイプ ライブラリの名前をクリックします。Office Web コンポーネント 9.0 のライブラリの名前は OWC です。Office XP Web コンポーネントのライブラリの名前は OWC10 です。Office 2003 Web コンポーネントのライブラリの名前は OWC11 です。オブジェクト ブラウザに、使用可能なクラスの一覧が表示されます。
  6. 目的のクラス、メソッド、またはプロパティを選択します。
  7. F1 キーを押すと、選択したクラス、メソッド、またはプロパティのヘルプが表示されます。

OWC のプログラミングに関する関連情報

詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
235885 HOWTO: Use the Chart Web Component with Visual Basic
235883 HOWTO: Use the Spreadsheet Web Component with Visual Basic
235542 HOWTO: Use the PivotTable Office Web Component with Visual Basic
詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Microsoft Office XP Web コンポーネント ツール パック

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=44a5d4a6-2334-4878-8dba-57af60278206&displaylang=ja

Microsoft Office Development with Visual Studio

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa188489(office.10).aspx

Microsoft Office Web Components Public Newsgroup

news:microsoft.public.office.developer.web.components

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 319793 (最終更新日 2003-11-07) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:319793 - 最終更新日: 2007/01/17 - リビジョン: 1

フィードバック