[MS16-142]Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2016 年 11 月 9 日)

適用対象: Internet Explorer 11Internet Explorer 10Internet Explorer 9

概要


このセキュリティ更新プログラムは、報告されたいくつかの Internet Explorer の脆弱性を解決します。これらの脆弱性により、ユーザーが Internet Explorer を使用して特別に細工された Web ページを表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-142 を参照してください。

詳細


次の記事には、このセキュリティ更新プログラムに関する詳細な情報が記載されています。
  • 3197655 [MS16-142]Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2016 年 11 月 9 日)
  • 3197876 2016 年 11 月 Windows Server 2012 用のセキュリティのみの品質更新プログラム
  • 3197877 2016 年 11 月 Windows Server 2012 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ
  • 3197867 2016 年 11 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティのみの品質更新プログラム
  • 3197868 2016 年 11 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ
  • 3197873 2016 年 11 月 Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティのみの品質更新プログラム
  • 3197874 2016 年 11 月 Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ
さらに、Windows 10、Windows 10 Version 1511、および Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラムについては、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
  • 3198585 Windows 10 用の累積的な更新プログラム (2016 年 11 月 9 日)
  • 3198586 Windows 10 Version 1511 用の累積的な更新プログラム (2016 年 11 月 9 日)
  • 3200970 Windows 10 Version 1607 および Windows Server 2016 用の累積的な更新プログラム (2016 年 11 月 9 日)