SharePoint Server 2013 セキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 6 月 14 日

適用対象: Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 これらの脆弱性の詳細については、「CVE-2017-8509 | Microsoft Office のリモート コードが実行される脆弱性」および「ADV170008 | Microsoft SharePoint の多層防御の更新プログラム」を参照してください。 

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題についての機能追加と修正が含まれています。
  • 正確な意味を確実に表すようにいくつかの単語が複数の言語に翻訳されました。
  • 次の問題を修正しました。
    • 地域設定でロケールが正しく設定されていない場合、インプレース検索結果が返されません。 

 

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

方法 2: Microsoft Update カタログ

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2017 年 6 月 14 日

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされた更新プログラム KB3191886 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名 パッケージ ハッシュ SHA 1 パッケージ ハッシュ SHA 2
coreserverloc2013-kb3203387-fullfile-x64-glb.exe 4801CF0982BD37769A13DB68F3381D0E843EDCA5 DA3C8BBDBC918CFD404515D5089308AD63ECFBD9C66BAA76182F969741DB0B5E

ファイル情報

この更新プログラム KB3203387 で提供されるファイルの一覧については、更新プログラム KB3203387 のファイル情報をダウンロードしてください。  

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update に関する FAQ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:
TechNet セキュリティに関するサポートとトラブルシューティング

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:
Microsoft Secure

国ごとのローカル サポート:
インターナショナル サポート

SharePoint の機能に関する提案とフィードバック: SharePoint User Voice ポータル