Internet Explorer が 30 分間に無効なプロキシ サーバーを再試行しません。

重要 この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには

現象

プロキシ サーバーへのネットワーク接続が切断された場合の参照が機能しないと、この動作は仕様です。ただし、初期の障害の発生後、最大 30 分間の参照できません。プロキシ サーバーへの接続を確立する再可能性があります。

原因

この問題は、Internet Explorer がプロキシ サーバーを無効プロキシの一覧に追加した後に発生する可能性があります。プロキシ サーバーは、Internet Explorer がプロキシ サーバーに接続できない場合、無効プロキシの一覧に追加されます。サーバーが無効プロキシの一覧に追加されると、Internet Explorer の再試行しないことを 30 分間。

解決策

警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。
Internet Explorer のバージョンに適切な修正プログラムを適用した後は、次のレジストリ キーで無効プロキシ サーバーに対するカスタム再試行間隔を設定できます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet の設定
このキーで、DWORD 値のBadProxyExpiresTimeを作成し、この値に0 1、または別の番号の値を代入します。これらの値は秒単位で、することに注意してください。

Internet Explorer 6

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。Internet Explorer 6 用の修正プログラムの英語版には次のファイル属性が必要があります以降。
   Date         Time   Version        Size     File name
-------------------------------------------------------
15-Apr-2002 19:31 6.0.2716.1500 582,656 Wininet.dll

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、それはこの資料に記載された問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するよう、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。

Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 (SP2)

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、それはこの資料に記載された問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するよう、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。Internet Explorer 5.5 SP2 用の修正プログラムの英語版には次のファイル属性が必要があります以降。
   Date         Time   Version         Size     File name
--------------------------------------------------------
25-Apr-2002 11:09 5.50.4916.2500 481,040 Wininet.dll

Internet Explorer 5.01 SP2

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、それはこの資料に記載された問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するよう、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。Internet Explorer 5.01 SP2 用の修正プログラムの英語版には次のファイル属性が必要があります以降。
   Date         Time   Version        Size     File name
-------------------------------------------------------
25-Apr-2002 14:55 5.0.3502.4856 461,072 Wininet.dll

状況

マイクロソフトがこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品に問題があることを確認していますこの問題は、Windows XP Service Pack 1 で最初に修正されました
プロパティ

文書番号:320507 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック