UNIX 用のサービスを Windows にログインする NFS 用サーバーを構成する方法

概要

NFS 用サーバーには、豊富なレベルと、使用するログの種類を構成するのに使用できるログ設定がサポートされています。イベントを記録するか、Windows イベント ログまたは純粋な ASCII ファイルを表示したり変更したり、後で使用するように、ログを構成できます。ログを構成するのには、コマンドラインまたはグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) のいずれかを使用できます。

ログの NFS 用サーバーを構成します。

Windows イベント ログに、外部ファイル、または両方の場所にイベントをログに記録する NFS 用サーバーを構成することができます。ログに記録されるイベントの種類の設定は、いずれかの場所は同じです。

NFS ログにサーバーを構成します。
  1. 管理レベル アカウントを使用して NFS コンピューターのサーバーにログオンします。
  2. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、 UNIX の Windows サービス] をポイントし、 UNIX 管理用のサービス
  3. NFS 用サーバーウィンドウをクリックします。
  4. Windows イベント ログへのログを有効にするのには、ログ イベントのチェック ボックスをオンにします。
  5. このファイルにイベントをログ] チェック ボックスをオンにし、外部ファイルへのログを有効にするのにはコピー先のファイル名を入力します。
  6. ログ ファイルの最大ファイル サイズを入力します。
  7. ログに記録するイベントの種類を構成するのには次の設定のいずれかをクリックします。

    • マウント: マウントおよびマウント解除要求
    • ロック: ファイルのロックとロック解除
    • 読み取り: ファイルの読み取り要求
    • 書き込み: ファイルへの書き込みを要求
    • 作成: ファイルの作成の要求
    • 削除: ファイルの削除要求
    • すべて: すべてのログの種類

    :すべてのイベント] をクリックした場合、ログ ファイルが急速に拡大可能性があります。
  8. [適用] をクリックします。

NFS ログにサーバーを構成するのには次のようを使用する方法

NFSAdmin.exe (Windows コマンド ライン プログラム) を使用すると、UNIX の Windows サービスに含まれる NFS ユーティリティの設定を構成します。次のようを使用して、ログを構成します。
  1. 管理レベル アカウントを使用して、Windows ベースのサーバーにログオンします。
  2. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、 cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトからは、イベント ログとファイルの両方にログを有効にして、ファイルの最大サイズを設定するのには、次のコマンドを入力します。
    次のようサーバーの構成の auditlocation 両方 fname=c:\temp\nfsserv.log fsize を = = 10
  4. コマンド プロンプトで、マウント イベントのログを有効にして、ファイルの読み取りのログ記録をオフにするには、次のコマンドを入力します。
    次のようサーバーの監査の設定 = + マウント監査 = 読み取り
  5. NFS 用サーバーで使用できる利用可能な次のようパラメーターの一覧を表示する次のコマンドを入力します。
    次のようにサーバー/しますか?


関連情報

UNIX から Windows への移行後の保守タスクを実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには以下の記事番号をクリックします。

324539する方法: UNIX から Windows への移行後の保守および補助的なタスクの実行











プロパティ

文書番号:324072 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック