ギガビット イーサネット デバイスで、ドメイン コントローラに接続できず、グループ ポリシーを適用できない

現象

ギガビット イーサネット デバイスを使用する Windows XP ベースのシステムが、Active Directory ドメインにログオンできないことがあります。この場合、グループ ポリシーのダウンロード処理は中止されます。この現象が発生すると、一連のイベントがイベント ログに記録されます。以下に、イベントの例を示します。
イベント ID : 1054

ソース : Userenv

種類 : エラー


説明 : コンピュータ ネットワークのためのドメイン コントローラ名を取得できません (指定されたドメインがないか、またはアクセスできません)。グループ ポリシーの処理は中止されました。


データ :
(表示されません)
および
イベント ID : 1000

ソース : UserInit

種類 : エラー


説明 : 次のスクリプト AdminPassword.bat を実行できませんでした。指定されたファイルが見つかりません。


データ :
(表示されません)

原因

ネットワーク アダプタ (ネットワーク インターフェイス カードまたは NIC とも呼ばれます) ドライバの初期化時、およびネットワーク アダプタ ハードウェアがネットワーク インフラストラクチャとリンクをネゴシエートするときに、リンク状態が不安定になるため、この問題が発生します。ネゴシエーション処理の完了前に、グループ ポリシー アプリケーション スタックが実行され、有効なリンクが存在しないため、失敗することがあります。

回避策

Windows の "メディア検出" 機能を無効にすることにより、この問題を回避できる場合があります。
メディア検出を無効にする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
239924 Windows で TCP/IP のメディア検出機能を無効にする方法
メディア検出を無効にしても、Active Directory ドメインに参加できない場合、またはグループ ポリシーをダウンロードできない場合は、ネットワーク アダプタ用の最新のドライバを実行していることを確認してください。既にネットワーク アダプタ用の最新のドライバを実行している場合は、現時点で唯一利用可能な回避策は、別のネットワーク アダプタに変更することです。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
ネットワーク アダプタの製造元で、この問題に対する回避策をドライバに実装している場合があります。マイクロソフトでは、実装されているいくつかの回避策では、ネットワーク アダプタによりリンク速度が誤って報告されることを確認しています。結果として、ネットワークからのダウンロード、ネットワーク パフォーマンスの監視、または負荷分散とパケット スケジューリング (QoS) を実行するプログラムが、正常に動作しないことがあります。
プロパティ

文書番号:326152 - 最終更新日: 2008/02/20 - リビジョン: 1

フィードバック