Microsoft Exchange システム アテンダント サービスが起動しません。

現象

Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを手動で開始することはできません。さらに、アプリケーション イベント ログに 1 つまたは複数の次のエラー メッセージを受け取る可能性があります。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeDSAccess
イベント ID: 2102
説明:EXE (PID = 1088)。使用中のすべてのドメイン コント ローラー サーバーから応答がありません:ドメイン コント ローラーの一覧

- または -

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeSA
イベント カテゴリ: 全般
イベント ID: 9004
説明: エラー '80040a01' を開始するのには、メタベース更新サービスが失敗しました。

- または -

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeMU イベント カテゴリ: 全般
イベント ID: 1002
説明: メターベース更新エージェントを開始できませんでした。エラー コードは 80040a01 をします。

- または -

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeSA
イベント カテゴリ: 全般
イベント id: 1005
説明: 予期しないエラー不明なエラーが発生しました。ID: 80040a01 の Microsoft Exchange システム アテンダントが発生しました。

原因

場合に、この問題が発生する可能性があります。 または複数の次の条件に該当します。
  • Exchange サーバーが Exchange Domain Servers グループのメンバーとして表示されません。
  • Exchange サーバーでは、ネットワーク アダプターの DNS サフィックスを手動で構成されているがあります。

    注: ネットワーク アダプターは、ネットワーク インターフェイス カード (Nic) とも呼ばれます。

解決策

この問題を解決するには、Exchange サーバーを Exchange Domain Servers グループに追加します。そのためには、以下の手順を実行します。

Exchange サーバーを Exchange Domain Servers グループに追加します。

注: ドメイン コント ローラーは以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントして、[Active Directory ユーザーとコンピューター] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで [ Users] をダブルクリックします。
  3. 右側のウィンドウで、ドメインの Exchange サーバーをダブルクリックします。
  4. Exchange ドメイン サーバーのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[メンバー] をクリックし、[追加] をクリックします。
  5. ユーザー、連絡先、およびコンピューターの一覧で Exchange サーバーをクリックして、追加] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  6. メンバーをクリックします。
  7. Exchange Enterprise Serversが一覧にない場合は、追加] をクリックし、 Exchange Enterprise Servers] をクリックし、[追加] をクリックします。
  8. [ OK] をクリックし、もう一度[ok]をクリックします。
  9. [Active Directory ユーザーとコンピューター] ウィンドウを閉じます。
  10. [スタート] ボタン、[実行] をクリックして、 [名前] ボックスにcmdと入力し、し、ENTER キーを押します。
  11. 次に入力します。
    Secedit セグいるを適用すると
  12. Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを手動で開始します。

ネットワーク アダプターの DNS サフィックスを消去します。

  1. Exchange サーバーで、[スタート] ボタンを実行するには、ポイントし、 ncpa.cplと入力し、します。
  2. を使用するネットワーク アダプターのネットワーク接続を右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
  3. インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. 詳細設定] をクリックし、[ DNS ] タブをクリックします。
  5. プライマリ DNS サフィックスの親サフィックスを追加] チェック ボックスが選択されていることを確認します。
  6. 空白になるように、この接続の DNS サフィックス] テキスト ボックス内のテキストを削除します。
  7. 2 回[ok]をクリックし、終了時間の 1 つとします。
  8. [ネットワーク接続] ウィンドウに表示されているその他のネットワーク アダプターの 1 から 7 までの手順を繰り返します。
  9. コンピューターを再起動します。

プロパティ

文書番号:327844 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 2

フィードバック