Exchange データベースを最適化する方法

はじめに

ディスクの最適化処理は、コンピューターのハード ディスクに保存されるため、ファイルは連続した複数のデータを再配置します。最適化は、データ アクセスと検索速度の向上に役立ちます。ハード ディスクを最適化するとディスクのパフォーマンスを向上しよりスムーズで効率的に実行する組織内のサーバーのヘルプできます。

Eseutil ユーティリティを使用するには、Microsoft Exchange Server 5.5 のディレクトリとインフォメーション ストアを最適化して、Microsoft Exchange 2000 Server と Microsoft Exchange Server 2003 のインフォメーション ストアを最適化します。ユーティリティは、コマンド ・ ラインから 1 つのデータベース上で実行できます。

Exchange 2000 または Exchange 2003 データベースの最適化


最適化するには、Exchange 2000 または Exchange 2003 データベースの展開または折りたたみの手順を実行するこれらの手順: ここをクリックして、次

  1. Exchange システム マネージャーでは、最適化を行うインフォメーション ストアを右クリックし、[ストアのディス マウント] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、コマンドごとに Enter キーを押します。
    cd Exchsrvr\Bin
    eseutil /d
    データベース スイッチ、および使用する任意のオプションが含まれます。
などの次のコマンドは、メールボックス ストア データベースで標準の最適化ユーティリティを実行します。
C:\program files\exchsrvr\bin> eseutil/d c:\progra~1\exchsrvr\mdbdata\priv1.edb
データベースのスイッチの詳細については、「オフラインでの最適化」セクションを参照してください。
Exchange Server 5.5 データベースの最適化


データベースを最適化するには、必要な空きディスク領域は、少なくとも 110% を処理するデータベースのサイズ。必要な空き領域を調べるには、次のこれらの手順: ここをクリックして展開または折りたたみの手順を実行する

  1. インフォメーション ストア サービスが実行されていないことを確認します。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    eseutil /ms"database.edb"
  3. 4 kb の空きページの数を乗算することによって空き領域を計算します。
  4. データベースの物理サイズから、手順 3 で取得した図を減算します。
  5. 手順 4 で取得した図は、データベース内のデータを表します。1.10 (110%) では、この図を乗算します。合計は、データベースを最適化する必要がある領域です。
  6. データベースを最適化するために必要なおおよその時間を確認するのには、手順 3 で 9 GB (9,000,000,000) 1 時間あたりで取得した図を分割します。

    1 時間あたり 9 GB は、Eseutil ユーティリティを実行する速度です。
特定のデータベースで Eseutil を実行するのにには、次のデータベース スイッチのいずれかを使用します。
オプション説明
/dsディレクトリ
/isprivプライベート インフォメーション ストア
/ispubパブリック インフォメーション ストア
データベース上で実行する操作を指定するのには、次のオプションのいずれかを使用します。
オプション説明
/bパス指定した位置に元の圧縮されていないデータベースのバックアップ コピーは、します。
/p保持し、元の場所に圧縮されていない元のデータベースを保持する既定のファイル Exchsrvr\Bin\Tempdfrg.edb に新しい最適化されたデータベースが格納されています。
/tFile_Name作成し、最適化された新しいデータベースに指定したパスの名前を変更します。
/oMicrosoft Exchange Server バナーを表示しません
Exchange Server 5.5 データベースを最適化するには、以下の手順を実行します。

データベースを最適化するには、必要な空きディスク領域は、少なくとも 110% を処理するデータベースのサイズ。
  1. 最適化するデータベースのサービスを停止するのには、コントロール パネルの [サービス] を使用します。サービスは、次のいずれかになります。
    • Exchange ディレクトリ データベースでは、Microsoft Exchange ディレクトリ サービスを停止します。
    • Exchange メールボックスまたはパブリック フォルダー データベースでは、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを停止します。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、コマンドごとに enter キーを。
    CD \Winnt\System32
    eseutil /d
    データベース スイッチ、および eseutil コマンドで使用するオプションが含まれます。たとえば、次のコマンドは、ディレクトリに対して標準の最適化ユーティリティを実行し、ユーザー定義のファイルのコピーを保存します。
    C:\winnt\system32>eseutil /d /ds /tc:\dbback\tempdfrg.edb /p
データベースをバックアップします。


オフラインでの最適化には、Exchange データベース内のデータが再配置される、ために、最適化直後にバックアップ ユーティリティを使用して、新しいデータの配置をセキュリティで保護されるデータベースの標準のバックアップを作成します。増分または差分のバックアップを以前のバージョンは、最適化処理で再配置するデータベース ページを参照するために不要になった便利です。詳細についてを参照してください258243: バックアップし、Windows バックアップ プログラムを使用して Exchange コンピューターを復元する方法

Exchange データの断片化

Exchange データの断片化は、通常のディスクの断片化とは別のレベルで発生します。Exchange データベース内の Exchange データの断片化が発生します。Exchange コンピューターで通常のディスクの最適化を実行する場合は、行う必要があります、業務時間外に、可能であれば Exchange データベースを停止します。ディスクの最適化とは、非常に I/O 負荷の高いプロセスです。したがって、Exchange データベース エンジンでは、問題の適切なタイミングでハード ディスクにアクセスする可能性があります。

既定では、Exchange データベースでは最適化処理が毎日実行されます。最適化オプションは、使用済み記憶領域を隣接する未使用の領域、およびデータベースを最適化します。これは、データベースのサイズを縮小します。Eseutil のコピーは、新しいデータベースにレコードをデータベースします。最適化が完了すると、元のデータベースが削除されるか、ユーザーが指定した場所に保存し、新しいバージョンの元の名前に変更します。ユーティリティには、不適切なレコードが検出されると、ユーティリティは停止し、エラー メッセージが表示されます。オンラインでの最適化Exchange データベースのオンライン最適化は、データベースの保守作業の一部として自動的に行われます。オンラインでの最適化では、検出し、不要になった使用されているデータベース オブジェクトを削除します。オンライン最適化プロセスでは、データベースのファイル サイズを変更することがなくより多くのデータベース領域を提供します。 既定で毎日 1時 00分と 05時 00分の間オンラインでの最適化を実行するのには Exchange が構成されています。

注: 保守とバックアップ ・ プロセスの効率を上げるためには、保守プロセスと異なる時間に実行するバックアップ操作のスケジュールを設定する場合があります。

データベースの最適化をスケジュールするには、次の方法のいずれかを使用します。

  • 特定のデータベースに関してデータベースの最適化をスケジュールするには、保守の間隔を構成するのには、保守の間隔オプション [データベース] タブで、メールボックス ストアまたはパブリック フォルダー ストア オブジェクトを使用します。
  • メールボックス ストアおよびパブリック フォルダー ストアのコレクションに関してデータベースの最適化をスケジュールするには、保守の間隔を構成するのにはデータベース (ポリシー) ] タブの[保守の間隔オプションのメールボックス ストアまたはパブリック フォルダー ストア ポリシーを使用します。
オフラインでの最適化


オンラインでの最適化には、いくつかのデータベースの空き領域が用意されていますが、Exchange データベースの物理サイズを小さくには、Exchange データベースをオフラインを最適化する必要があります。メールボックス ストアやパブリック フォルダー ストアがオフライン時にオフラインでの最適化を実行するには、Eseutil ユーティリティ (Eseutil.exe) を使用します。


注: Eseutil は、Exchange Server 5.5 と Exchange 2000 および Exchange 2003 の Exchsrvr と Bin フォルダーの Winnt\System32 フォルダーにあります。

Eseutil は、Exchange ユーティリティを最適化する、修復、および Exchange データベースの整合性を確認するのにを使用することができます。などの場合は、Exchange を実行しているサーバーから多数のユーザーを削除した後に、オフライン最適化を実行します。その場合は、オフラインでの最適化では、サーバーの Exchange データベース上のデータが整理され、使用されていないデータベース ページを破棄することによって、Exchange データベースのサイズが減少します。

既定では、新しいデータベースを作成するに、古いデータベース レコードをコピーし、使用されていないデータベース ページを破棄することでデータベースをデフラグするEseutil/dコマンドを実行します。これにより、新しくまとめられたコンパクトなデータベース ファイルが作成されます。

特定のデータベースで Eseutil による最適化を実行するのにには、次のデータベース スイッチを使用します。
eseutil/d をデータベース名ダイアログ ボックスの [オプション]
で、最適化するデータベースのファイル名です。

別のオプションは、別の場所に、新しい最適化済みデータベースを作成するためのコマンドラインで/d/pスイッチと共に Eseutil を実行すること。fFr の使用例は、別のハード ディスクに新しい最適化済みデータベースを作成する可能性があります。/P スイッチを使用すると、オフライン最適化処理が最適化されていない、元のデータベースを保持および作成される一時ファイルは、データベースの最適化されたバージョン。これは上書きをオフにすると呼ばれます。 標準のオフライン最適化処理 (Eseutil/d) とは異なり、 /d/pオプションを指定して Eseutil を実行する場合、元データベースは上書きされません、新しい最適化済みデータベースで、オフライン最適化処理が完了したとき。


/D /pオプションは、しないで一時的な場所から、最適化済みデータベースをコピーして元の断片化されたファイルを上書きするために大規模なデータベースを最適化するために必要な時間も大幅に削減することができます。ただし、このオプションを使用した後は、最適化済みのデータベースをマウントする場合は、必要があります手動で最適化済みの .edb ファイルと .stm ファイルをデータベースのパスに移動して適切なデータベース ファイル名に名前を変更します。

などの場合は Tempdfg.edb と Tempdfg.stm は、/d/p オプションを実行することによって作成した最適化済みのファイルには、Priv1.edb に Tempdfg.edb の名前を変更および Priv1.stm に Tempdfg.stm の名前を変更する必要があります。Priv1.edb と Priv1.stm のデータベースに対して Eseutil を実行した場合に、これを行う必要があります。コマンド例を次は、Mailbox Store.edb とそれに付随するストリーミング ファイルの名前は、最適化され、上書きをオフにし、D ドライブに最適化済みのデータベースを作成するデータベースを最適化します。/Tの後領域がないことに注意してください。
eseutil/d/p"c:\program files\exchsrvr\mdbdata\mailbox store.edb"/t"d:\tempdfg.edb"
注: /Tオプションを使用しない場合は、場所から Eseutil を実行するに、Tempdfgxxxx.edb ファイルと Tempdfgxxxx.stm ファイルが作成されます。以前のファイル名の xxxx は、ランダムな番号です。

さらに、Eseutil を使用して Exchange データベースを最適化するときに、次のオプションを使用することがあります。

オプション説明
/bデータベース指定した名前でバックアップ コピーを作成します。

/tDatabase(既定では Tempdfrg.edb) 一時データベース名を設定します。
/sFile(既定値は NONE です)、ストリーミング ファイル名を設定します。
/fFile(既定では Tempdfrg.stm) 一時的なストリーミング ファイル名を設定します。

/peserve 一時データベース (つまり、行いません)
P/oロゴを抑制します。
/iストリーミング ファイルの最適化を行いません。
注: Tempdfrg.edb ファイルは、 /tスイッチを使用する場合を除き、eseutil /dコマンドを実行してがいる論理ドライブに作成されます。たとえば、D ドライブのルートに、Tempdfrg.edb を作成するには、次のコマンドを実行します。
D:\ > eseutil/d/ispriv
一時データベースと別の場所の名前を設定するのには、 /tスイッチを使用することができますもします。たとえば、ドライブ C から eseutil コマンドを実行している場合は、ドライブ D のルートに、Sample.edb を作成するには、次のコマンドを実行します。
C:\ > eseutil/d/ispriv/td:\Sample.edb
注: 元のデータベースを保持する場合は上書きを無効にすると、圧縮されていない、一時データベースには、データベースの最適化されたバージョンが含まれているとします。たとえば、上書きを無効に、 /pオプションを使用するとします。

その他のリソース

Eseutil/d を使用して、データベースとデータベースに関連付けられているストリーム ファイルを最適化する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

254132データベースとストリーミング ファイルは、Eseutil/d を使用最適化します。

Exchange Server のバージョン 4.0 および 5.0 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Exchange 以外のサーバーで、EDB ファイルを最適化する方法を163627

プロパティ

文書番号:328804 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

フィードバック