コンピューターを起動するとメモ帳が起動して "[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\System32\Shell32.dll,-21787" という文字が表示される

現象

コンピューターを起動すると、メモ帳が起動し、Windows デスクトップに次のような行を含む 1 つ以上のテキスト ドキュメントが表示されます。
[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21787 

原因

この現象は、以下の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • 次の 1 つ以上のフォルダーに Desktop.ini ファイルが存在する。ドライブは Windows がインストールされているドライブのドライブ文字です。
    • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ
    • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム
    • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー
    および
  • Desktop.ini ファイルに次の行が含まれている。
    [.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21787 

解決方法

この問題を解決するには、次のいずれかの方法を使用します。


方法 1 を自動的に実行するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。




注意事項
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する

方法 1: Desktop.ini ファイルを削除する

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. [ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックし、[表示] タブをクリックします。
  3. [詳細設定] ボックスで、[登録されているファイルの拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにし、[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] チェック ボックスをオフにして (オフになっていない場合)、[OK] をクリックします。
  4. この資料の「現象」で説明した行が含まれている Desktop.ini ファイルをすべて削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 次の各フォルダーを見つけて、Desktop.ini ファイルを右クリックし (フォルダーにこのファイルが存在する場合)、[開く] をクリックします。
      • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ
      • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム
      • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー
      ドライブ は、Windows がインストールされているドライブのドライブ文字です。
    2. ファイルに次の行が含まれていることを確認します。
      [.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21787 
      ファイルにこれらの行が含まれている場合は、ファイルを右クリックして [削除] をクリックし、削除の確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  5. コンピューターを再起動し、問題が解決したことを確認します。

方法 2: システム構成ユーティリティ (Msconfig.exe) を使用してスタートアップ項目を無効にする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [スタートアップ] タブをクリックします。
  4. [スタートアップ項目] 列に [desktop] エントリがあり、[場所] に [Common Startup] と表示され、[コマンド] 列で次のいずれかの場所にも置かれていることが示されている項目のチェック ボックスをオフにします。
    • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ
    • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム
    • ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー
  5. [OK] をクリックして、システム構成ユーティリティを終了します。
  6. コンピューターを再起動し、問題が解決したことを確認します。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。この解決方法に関するフィードバックを提供するか、または問題を報告するには、"Fix it for me" ブログ にコメントを記入するか、電子メール メッセージ (日本語可) を送信してください。

詳細

システム構成ユーティリティを使用して Windows XP でトラブルシューティングを方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

310560 Windows XP でシステム構成ユーティリティを使用して構成エラーのトラブルシューティングを行う方法

プロパティ

文書番号:330132 - 最終更新日: 2012/11/30 - リビジョン: 1

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

フィードバック